スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログな紙の辞典とデジタルなインターネットの検索

2007年09月16日 20:07

皆さんは、調べ物をするとき、
紙の辞典(辞書)を使いますか
それとも、インターネットの検索サイトを利用しますか

どちらにも、似たようなものがありますね

検索サイトは、
キーワードを入れれば、それに関する情報の一覧が出てきます

辞典は、
インデックスや、頭文字から探せば
その一覧が出てきます。

1つの情報(ネットではページ、辞典では、その辞典)だけに頼らず
複数の情報から、情報を読み比べるということも
同じです。

よくインターネットは
「自分で探さなくても、すぐに情報がとりだせる」と
言われる方が居られます

それは違います。

インターネットは、検索サイトで検索すれば
一覧が出てきますが
その中から自分が探している情報を見つけ
又、それらの情報が信頼できるのかを
自分で、判断する必要があります。


又、いくら検索キーワードを工夫しても
中々、目当ての情報が見つからないだって
よくあります

百科事典にのっているようなことであれば
インターネットでも、簡単にしらべられます

でも、のっていないようなことは
中々出てこない。ということもあるのです

「インターネットは最新の情報を調べられる」
これも大きな間違い。
探した情報は、必ずしも最新の情報であると検索サイトは、
保証してくれません

インターネットは調べ物に最適だと
言いますが、それは必ずしも正解ではないのです。


スポンサード リンク



コメント

    コメントの投稿


    (投稿者様のEmailアドレスが一般に公開表示されることで
    メールスパムの標的となってしまう事を防ぐために
    本項目はご入力いただいた場合も原則非表示としております。
    当ブログ管理人にEmailアドレスを伝えたい場合や、
    差し支えが無い場合にご入力ください。)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masapiyo.blog53.fc2.com/tb.php/68-c58b3233
    この記事へのトラックバック
    Creative Commons License
    Masanoriのマイペース。なブログ by Masanori is licensed under a Creative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 License.

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。