スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯動画変換君をWindowsVistaで使う方法(QuickTime 7.2を正規に入手する方法)

2009年11月26日 13:42

携帯動画変換君で、正常に動画を変換するには、QuickTime 7.2が必要ですgた、
2009年11月現在、既にQuickTime 7.2は旧バージョンであり、入手はできますが、
脆弱性もあり、インストールは避けたいことと思います。
(そもそも、QuickTimeさえインストールしたくない人も居るでしょうし。)

そこで、今回は、Apple公式サイトから、QuickTime 7.2をダウンロードして、
インストールすることなく、携帯動画変換君だけで使えるようにする方法を記載しておきます。
(Windows Vistaで携帯動画変換君を使えるようにする方法も合わせて記載します。)

  1. まず、携帯動画変換君(3GP_Converter034.zip)をダウンロードして
    ダウンロードしたファイルをアーカイバソフトウェア(Lhaplusなど)で解凍(展開)する
  2. 解凍してでてきたフォルダにある(以降携帯動画変換君のフォルダと表記する)、
    Setup.exeをダブルクリックなどで実行し、設定を行う
    [設定]ボタンをクリックすると、携帯動画変換君の画面が表示されるので、
    変換する設定や、出力先フォルダも、前もって設定しておく
    設定が終わったら、携帯動画変換君を終了する
  3. (Windows Vistaを利用している場合のみ、必要な手順)
    携帯動画変換君のフォルダにある、3GP_Converter.exeを右クリックして、
    プロパティを表示する。プロパティの「互換性」タブを開き、
    「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れて、
    「Windows XP (Service Pack 2)」を選択する。
    「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れる。
    [OK]ボタンをクリックしてプロパティを閉じる。
  4. QuickTime 7.2 for Windows(QuickTimeInstaller.exe)を
    下記のURLからダウンロードする
    http://www.apple.com/jp/ftp-info/reference/quicktime72forwindows.html
  5. ダウンロードした、QuickTimeInstaller.exeを
    アーカイバソフトウェア(Lhaplusなど)で解凍(展開)する
    (exeファイルだが、解凍は可能。)
  6. 解凍(展開)したら、QuickTime.msiというファイルが出てきたかどうか確認する。
  7. ”ファイル名を指定して実行”でcmdと入力し実行すると、”コマンドプロンプト”が起動するので、
    (スタートメニューからコマンドブロンプトを起動してもOK)、
    下記のコマンドを入力して実行し、完了するまで待ちます。(数秒から数十秒で完了する。 )

    start /wait msiexec /a "解凍して出てきたQuickTime.msiのパス" targetdir="C:\tempqt\"

    (注意:上のコマンドが表示環境によって複数行に見える場合があるが、実際は1行なので注意。)
    (注意:解凍して出てきたQuickTime.msiのパスの例:C:\****\QuickTimeInstaller\QuickTime.msi)
    (注意:もちろん、C:\tempqtというのは出力先にするフォルダのパスなので、実際には何でも良い。)
  8. (注意:UACが有効の場合は確認画面が表示されるので許可する。
    一旦、インストールの画面が一時的に表示される場合もあるが、実際には展開されるのみなので大丈夫。)
  9. これで、Cドライブのtempqtフォルダに、フォルダやファイルが出力される
    tempqtフォルダの中にできた「Program Files」フォルダ→「QuickTime」フォルダ→「QTSystem」フォルダを開いていく
  10. 「QTSystem」フォルダ内にある以下のファイルとフォルダを
    携帯動画変換君のフォルダにある「cores」フォルダ内へコピーする。
    (以下のファイルについては、こちらのブログを参考にさせていただきました。)
    • [フォルダ]
      • QuickTime.Resources
      • QuickTime3GPP.Resources
      • QuickTime3GPPAuthoring.Resources
      • QuickTimeAudioSupport.Resources
      • QuickTimeH264.Resources
      • QuickTimeMPEG4.Resources
      • QuickTimeMPEG4Authoring.Resources
    • [ファイル]
      • CFCharacterSetBitmaps.bitmap
      • QuickTime.qts
      • QuickTime3GPP.qtx
      • QuickTime3GPPAuthoring.qtx
      • QuickTimeAudioSupport.qtx
      • QuickTimeH264.qtx
      • QuickTimeMPEG4.qtx
      • QuickTimeMPEG4Authoring.qtx
  11. 以上で完了。あとは以下のように、変換を行うだけ。(次回からは以下の操作のみでOK。)
    • WindowsVistaの場合
      携帯動画変換君のフォルダの3GP_Converter.exeのアイコンに、
      変換したいファイルを、ドラッグアンドドロップする。
      (3GP_Converter.exeのショートカットを作成して、そのショートカットのアイコンに、
      変換したいファイルを、ドラッグアンドドロップしてもよい。)
    • Windows XPの場合携帯動画変換君のフォルダの3GP_Converter.exeを実行すれば、
      携帯動画変換君が起動するので、変換したいファイルを、
      ドラッグアンドドロップする。


スポンサード リンク



コメント

    コメントの投稿


    (投稿者様のEmailアドレスが一般に公開表示されることで
    メールスパムの標的となってしまう事を防ぐために
    本項目はご入力いただいた場合も原則非表示としております。
    当ブログ管理人にEmailアドレスを伝えたい場合や、
    差し支えが無い場合にご入力ください。)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masapiyo.blog53.fc2.com/tb.php/629-6e3438f5
    この記事へのトラックバック
    Creative Commons License
    Masanoriのマイペース。なブログ by Masanori is licensed under a Creative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 License.

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。