スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZEN X-Fiの後継機種「Creative ZEN X-Fi2」が発表。[動画有]

2009年09月03日 21:30

Creativeから、安価で高機能高音質なプレーヤ
Creative ZEN X-Fi」のフラッグシップモデルとして、
Creative ZEN X-Fi2」が発表されました。
Creative ZEN X-Fi2
http://jp.creative.com/corporate/pressroom/releases/welcome.asp?pid=13101
価格は現行のZEN X-Fiとさほど殆ど変わらずお得感があります。
機能が増え、性能や使い勝手も向上しているようです。

カタログスペックや公式プロモーションサイトから見ることができる、
ZEN X-Fiと、ZEN X-Fi2の違いは次のようなところ。

  • タッチパネルディスプレイ搭載。
    ディスプレイがタッチパネルになったようです。
    また、ディスプレイサイズも2.5インチ(ZEN X-Fi)から、3インチワイドと少し大きく横長になりました。
    解像度も320x240(ZEN X-Fi)から、400x240になっています。
    タッチパネルになったことにより、ZEN X-Fiで不評だったハードボタンの多さも改善されています。
    (ZEN X-Fi2のハードボタンは、電源ボタン、ホームボタン、リセットボタンのみのようです。)
  • 本体サイズが少し大きくなり、重量が若干増加。
    ディスプレイのサイズが大きくなったことが理由でしょう。
    重量に関しては、7g(ZEN X-Fi8GBモデルと比べて。)の
    差しかありませんから気にすることは無いと思います。
  • ロスレスオーディオ(FLAC形式)サポート。
    可逆圧縮(音質が劣化しない圧縮)な形式「FLAC」の音楽ファイルが再生可能になっています。
  • テレビ出力が可能に。
    別売のA/Vケーブルを使用することでテレビなどへの出力が可能に。
  • 無線LAN機能は非搭載に。
    ZEN X-Fiでは32GBモデル、16GBモデルに搭載されていた、
    無線LAN機能ですが、ZEN X-Fi2ではどうやら無くなったようです。
    (製品概要や仕様を見る限り、無線LANの項目がありませんでした。)
  • SDカードスロットがmicroSDカードスロットに変更。
    ZEN X-Fiには「SDカードスロット」が搭載されていましたが、
    ZEN X-Fi2では、より小型の「microSDカードスロット」へ変更されました。
    zen_x-fi2_0_microsdslot 
    microSDHCにも対応しているようです。
  • 電源スイッチがボタンになり本体上面へ。
    ZENではスライド式の電源スイッチが本体側面、
    ZEN X-Fiでは本体裏面にありましたが(裏面は使いづらい)、
    ZEN X-Fi2では、ボタンになり、本体の上面へ移動されたようです。
    ZEN X-Fi2 電源ボタン
  • 内蔵スピーカーが本体表面へ。
    ZEN X-Fiでは本体底面にあった内蔵スピーカーが、
    ZEN X-Fi2では、本体表面に移動されたようです。
    ZEN X-Fi2 内蔵スピーカー
  • 対応画像形式にBMP形式が追加。
    表示に対応する画像形式に、BMP形式が追加されたほか、
    JPEG形式についても、19.6メガピクセルまで表示できるように強化されています。
  • 音楽の連続再生時間が減少。
    ZEN X-Fi 8GBモデルでは36時間だった連続再生時間(音楽)が、
    ZEN X-Fi2では25時間に減少しています。
    (ただ、ZEN X-Fiの36時間というのが実際に使用しているユーザによっては、
    全く満たないと言っているユーザもいるため、実際はどうなのかわかりませんが。)
  • RSSフィードリーダ機能搭載。
    ZEN X-Fi2上で、RSSフィードを閲覧できるようになったようです。
  • X-Fi機能を強化。
    ZEN X-Fiでは賛否両論あったX-Fi機能ですが、
    レベル調整が可能になり、また音楽再生以外にも、
    動画ファイル再生時や、FMラジオ視聴時にも使用可能になっているようです。
    ZEN X-Fi X-Fi設定画面
  • リセットボタン(穴)の位置が本体底面へ。
  • 付属イヤホンがEP-630に。
    ZEN X-Fiではこの上位機種のEP-830だっただけに、
    これは、残念といえば残念ですが、
    EP-630のほうが遮音性が良い等メリットもあるのでいいと思います。

私としては欲しい!です。
ただ、実機のレビューを待った方がいいかもしれません。
ZENやZEN X-Fiでは、バックライトが自動消灯しない仕様でしたが、
そういった点が改善されているのかどうかなどカタログスペックではわからないことが気になります。

実機を操作している動画があったのでリンクしておきます。
Exclusive: Creative ZEN X-Fi2 Unboxing (Youtube)
Exclusive: Creative ZEN X-Fi2 User Interface Demo (Youtube)

気になる価格と発売開始時期は、

  • 32GBモデル 24,800円
    (クリエイティブストアのみで9月下旬から発売)
  • 16GBモデル 19,800円
    (クリエイティブストアでは9月中旬から、その他では10月上旬から発売)
  • 8GB 13,800円
    (クリエイティブストアでは10月中旬から、その他では10月上旬から発売)

です。(いずれもクリエイティブストアの価格)。

以下、関連ページ。



スポンサード リンク



コメント

    コメントの投稿


    (投稿者様のEmailアドレスが一般に公開表示されることで
    メールスパムの標的となってしまう事を防ぐために
    本項目はご入力いただいた場合も原則非表示としております。
    当ブログ管理人にEmailアドレスを伝えたい場合や、
    差し支えが無い場合にご入力ください。)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masapiyo.blog53.fc2.com/tb.php/588-1c822f54
    この記事へのトラックバック
    Creative Commons License
    Masanoriのマイペース。なブログ by Masanori is licensed under a Creative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 License.

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。