スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるItems! - カップヌードルリフィル(買ってみた)

2008年06月30日 20:26

「カップヌードルリフィル」っていうのをジャスコで見つけてきました。

ぼちぼちと、それに興味を示す人がいましたね。
まあ、買ってる人は見ている限りあまりいなかったですけど。

でも、Masanoriは、買っちゃいました・・・。
「カップヌードル リフィル お試しパック (専用カップ+リフィル1食のセット)」
高いものじゃないですしね。たしか、298円とか書いていた。

えーとこれは、まず、専用のカップを買い、

そして、リフィルという、
普通のカップヌードルの、麺と具だけがパックされたようなものを買ってきて、
専用のカップに入れてカップヌードルを作る。っていうものです。

つまり、簡単なエコグッズだというわけです。

というわけで、早速写真レビューです。

ほら。これが、お試しパックです。
カップヌードル リフィル

パッケージ底面に、説明イラストが。
カップヌードル リフィル

それで、これが、そのリフィル(詰め替え用パック)ですね。
お試しセットには、1食だけついています。
もちろん、もう既に、このリフィルだけも売っていましたよ。
 カップヌードル リフィルのリフィル(1)
ちなみに、表面に記載された、調理方法も、
もちろん、きちんとカップヌードル リフィルにあわせたものとなっています。

これが、リフィルの側面。
黒いですねー。ちなみに、麺にぴったりと吸着されています。
カップヌードル リフィル 

これが、専用カップですね。
透明の外カップと、ご覧のとおりカップヌードルのロゴがかかれたデザイン紙。
そして、その内側には、見えませんが、内カップが入っています。
内カップと、外カップ(カバー)でデザイン紙を挟んでいるわけですね。
2つのプラスチックの内側に、紙という別材質をはさむことで、伝熱を抑えているのでしょうね。
よく考えてあるんだなあ。
カップヌードル リフィル

専用カップのふたは、こんなのですね。
タッパーのふたみたいな感じ。
小さな穴が、2つあいています。
カップヌードル リフィル

専用カップの内。
きちんと、カップヌードルにあうように、湯の目安になる線が刻まれていますね。
カップヌードル リフィル

専用カップの底面。
プラスチックのカバー(外カップ)がよくわかりますね。
カップヌードル リフィル

ちなみに、デザイン紙は、オリジナルにすることが可能で、
cupnoodle-refill.jpで画像を作成できます。

・・・。以上です。
え?実際に食べてみないのって?

んー。だって、今、晩御飯食べたばかりだしなあ。
寝る前は良くないですし。

まあ、そのうち食べます。でもそのレビューは書いても仕方ないですからね。
カップヌードルはカップヌードルですからね。


20080703訂正&追記しました:マイカップヌードル(ファクトリー)は、
体験者がオリジナルのカップヌードルを作ってみることができる、日清が運営する体験施設・サービスのことでして、
この商品は、カップヌードルリフィルが正式名称でした。すみませーん。


スポンサード リンク



コメント

    コメントの投稿


    (投稿者様のEmailアドレスが一般に公開表示されることで
    メールスパムの標的となってしまう事を防ぐために
    本項目はご入力いただいた場合も原則非表示としております。
    当ブログ管理人にEmailアドレスを伝えたい場合や、
    差し支えが無い場合にご入力ください。)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masapiyo.blog53.fc2.com/tb.php/278-6de64fe4
    この記事へのトラックバック
    Creative Commons License
    Masanoriのマイペース。なブログ by Masanori is licensed under a Creative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 License.

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。