スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーバンクマネーカード(VISAデビット)をAmazonで使ってみた

2008年06月25日 01:53

イーバンクマネーカード(VISAデビットカードです)をAmazon.co.jpで使ってみました。
え?何に使った?えーと・・・。あんまり言いたくも無い。(じゃあ、言うなって?まぁまぁ・・・

もうすぐ(明日か?)、発売の、「大合奏!バンドブラザーズDX」。
http://www.nintendo.co.jp/ds/axbj/index.html
前作、「バンドブラザーズ」の、続編ですね。(といいながらも、前作もってない)

DSのマイクを使って歌を歌うことだってできるし、曲を打ち込むことも、
太鼓の達人より本格的に演奏することだってできる

今作は、楽器数がふえ、Wi-fiを使って、無料で100曲まで、ダウンロード可だとか。
(但し、ダウンロードした曲は、消せないし変更もできない。絶対100曲までだそーです。
まあ、JASRACとの取り決めでしょう。仕方あるまい。)

あと、1枚のDSカードで、最大8人までダウンロードプレイでの大合奏が可能。
(自分の選んだ、楽器、パートで。)
しかも、すごいのは、このゲームのDSカードを持っている人だけならば、
何人(無制限?)ででも、大合奏ができる
とか。
私としては、そこに素晴らしさを感じます(え?感じるものが、おかしいだろって? ^^;)

また、Wi-fiで、作った曲を公開することも可能なようです

ほよさん、うちにきて、やりましょうよ。一緒に
他の方(ダイコン・・じゃなかった・・・サラダさん等々)も、
来られる+DSもってるんなら(遠いから無理だろうけども)、一緒にやりましょう。

で・・・以前にAmazonで予約したんですけどね。
もしかして、値段上がった??4千円したっけな?

ちなみに、Amazonは、ゲーム予約はあんまりおすすめしないです
なぜかって?もちろん、来るのが遅いから。発売当日はもちろんのこと、
場合によっては、その次の日も遊べません。
(遅いのが気にしない人は、安いAmazonで買うことを推奨しまーす)

他のネットショップで、いくらでも?かはわかりませんが・・・
ヤマト運輸のクロネコメール便・速達を使って、それでも安いところはあります。
そこならば、予約した時点で、在庫予定がセーフならば、発売前日には出荷してくれます
ですから、まあ普通に、発売日の昼くらいには遊べますよ。

まあ、Amazonはなんてったって、予約の時期から、もうすでに、
十何パーセントOFFって・・・値引きしてますけどね
。ですから、安さでいえば、
そこらへんのリアル店舗や、ネットショップで買うより、まあ大体の場合は、
Amazonが安い
ですけど。

さて・・・Amazonは、ネットバンキング/Edy/コンビに払いなどにしておいても
まあ、発売日の前日か、悪ければ発売日くらいにしか、請求してくれません・・・・
ですから、必然的に遅くなります。てことで・・・今回からクレジットカード払いにしました

勝手にやってくれますからね。でも・・・今の所、支払われてはないらしいです。
ちなみに、本当に決済が実行されたときは、イーバンクマネーカード(VISAデビ)の場合は
まあしばらくすると、決済の旨を示す、メールがイーバンクから来るらしいので。

VISA+デビットなので、リアル店舗で勘違いされないか・・・
と、なかなか使えないMasanoriでした・・



スポンサード リンク



コメント

    コメントの投稿


    (投稿者様のEmailアドレスが一般に公開表示されることで
    メールスパムの標的となってしまう事を防ぐために
    本項目はご入力いただいた場合も原則非表示としております。
    当ブログ管理人にEmailアドレスを伝えたい場合や、
    差し支えが無い場合にご入力ください。)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masapiyo.blog53.fc2.com/tb.php/268-7d258da9
    この記事へのトラックバック
    Creative Commons License
    Masanoriのマイペース。なブログ by Masanori is licensed under a Creative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 License.

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。