スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縮小専用。がVistaでインストールできない理由と、真の解決方法

2008年06月03日 23:42

縮小専用。がWindowsVistaでインストールできない
(エラーになる)理由と、その真の解決方法です。

他のブログでは、解決方法として
1.UACをオフにする
2.Program Files以外にインストールする
3.インストーラそのものを解凍する
などの方法が紹介されていますが、


まず、インストールできない理由。
WindowsVistaでは、UAC(ユーザアカウント制御)などによって、
プログラムが、Program FilesやWindowsフォルダなど、大事なフォルダを
勝手に書き換えられないようになっています。


では・・・何故、ソフトウェアのインストーラは、Program Filesに書き込めるのか。
それは、VistaのUACが、そのインストーラのプログラムを、
インストーラーであると認識しているから
です。
だからこそ、インストーラを起動する際に、ユーザアカウント制御が、実行確認を求めてくるわけで
それを許可すると、そのプログラムは、Program Filesフォルダ内を書き換えできるように
一時的に許可されるわけです。

さて・・・これで何故、縮小専用。が、インストールできないのか分かった人も居られると思います。
そう・・・よく考えてみれば、縮小専用。は、インストールするときに、
ユーザアカウント制御(許可しますか?って画面)が表示されません


つまり、縮小専用。はインストーラがインストーラとして認識されていないのです

そして、それをインストーラとして認識させる方法は・・・。
プログラムのファイル名に、「setup」とか「install」とかをつけること。

例えば・・・「ShukuSen150_install.exe」のようにする。そうすれば、インストーラのアイコンに、”Windowsロゴの盾”マークがつくはずです。

つまり、それはインストーラとして認識されたということ。
さあ、インストーラを起動してみましょう。
許可しますか?という画面が出てきましたでしょうか。それで許可をクリックすれば
あとは、WindowsXP以前と同様に、インストールし、使用できます。


スポンサード リンク



コメント

    コメントの投稿


    (投稿者様のEmailアドレスが一般に公開表示されることで
    メールスパムの標的となってしまう事を防ぐために
    本項目はご入力いただいた場合も原則非表示としております。
    当ブログ管理人にEmailアドレスを伝えたい場合や、
    差し支えが無い場合にご入力ください。)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masapiyo.blog53.fc2.com/tb.php/245-b05d7c38
    この記事へのトラックバック
    Creative Commons License
    Masanoriのマイペース。なブログ by Masanori is licensed under a Creative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 License.

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。