スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WinFast A7300GT TDH(AGP)を、AGP2.0マザーボードで。

2007年03月22日 23:49

Masanoriのパソコンで、
Vista Aeroを動作させるために、
LEADTEK社のWinFast A7300GT TDH(AGP)を、購入してみました。
WinfastA7300GTTDH


>WinFast A7300GT TDHは、NVidiaの、Geforce7300GTを搭載しています。
まあ、WindowsVistaのAeroも、そこそこ使えるようです。

実のところ、この購入は、賭けみたいなものでした。
実は、このグラフィックボードの規格は、AGP3.0なのですが、
パソコンのマザーボードのAGPスロットは、AGP2.0なのです

AGPポート

この2つの規格は、動作電圧が違います。
AGP3.0は、0.8V。AGP2.0は、1.5Vです。
AGP3.0の規格としては、2.0でもなんとか動作するようにできるというふうになっているのですが、
ほとんどの3.0専用のものは、動作しないものが多いのです。
もし、グラフィックボードが3.0専用だった場合、運が悪ければ、
グラフィックボードが、燃えてしまいます。
(火事になります。笑い事ではありません。)


しかし、Aeroが動くものは、3.0しかありません・・・。
というわけで仕方なく、WinFast A7300GT TDHを買ったわけです。


さあ。取り付け作業開始です。
いつもどおり、PCをシャットダウンし、
電源ケーブルを抜きます。

そして、Winfast A7300GT TDHを、
マザーボードのAGPスロットへ、差し込みます。
まっすぐ、差し込むようにします。

そして・・・。意外と、スムーズに差し込めました。
WinfastA7300GT-1

WinfastA7300GT-2


さて・・・電源を入れようか。
あ!電源の4pinケーブルを、ビデオカードへ挿すのをわすれてました。
これを挿さないと、動かない。
WinfastA7300GT-3

これで、OK。
さて、電源ケーブルをつないで・・・。
電源をいれます。
ポチッ・・・。
フィーン。
お、起動しましたよ。

そして、ビデオカードは、動作したかというと・・・。
動作しました!!!x4モードでの動作となりますが、
安定して、動作しています。


ドライバも、いれて、インストール完了です。

さて、これで、
安心して、Vistaをインストールできるようになりました。
(メモリも、1GB以上にしてあります。)
もちろん、WindowsVista HomePremiumを入れます。


スポンサード リンク



コメント

    コメントの投稿


    (投稿者様のEmailアドレスが一般に公開表示されることで
    メールスパムの標的となってしまう事を防ぐために
    本項目はご入力いただいた場合も原則非表示としております。
    当ブログ管理人にEmailアドレスを伝えたい場合や、
    差し支えが無い場合にご入力ください。)
    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://masapiyo.blog53.fc2.com/tb.php/19-992ad764
    この記事へのトラックバック
    Creative Commons License
    Masanoriのマイペース。なブログ by Masanori is licensed under a Creative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 License.

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。