スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の食品問題について思ふこと

2008年02月01日 12:18

JT、Coop(生活協同組合)などが、中国の企業から輸入し販売する、餃子などの食品で、
食中毒が発生している問題についての私見です。

まず、ニュースでいろいろと取り上げられていますが、
殆どのメディアで、餃子または冷凍食品としかとりあげられていない。
実際には、冷凍食品以外にも、あるのですが・・・・・。

それと、今回のことで、販売元である、JTなどに対し、文句をいったり、
信用を持たなくなった方もおられるようですが、それは間違いだと思います。

また今回のことで、中国の食品の信頼が、大きく揺らいだわけなのですが、
そのことで、中国の食品=危ないというのは、大きな間違いだと思う。

いくら中国の企業といっても、きちんと行っているところは、あるだろう。
また、中国で生産し日本で販売する食品について、
日本企業が、中国企業の食品を輸入するさい、
きちんと製造するためのコストに見合わない代償しか、払らっていない。という実情もあるようです。

今回の件も、中国または、生産した企業だけでなく、輸入、販売する側にも
責任があるのかもしれません。



スポンサード リンク



コメント

  1. hoyo | URL | -

    なんかうちにCoopが回収してるとかいうビーフカレーがあった.....
    幸いにも、まだたべてなかったからよかったけど。

  2. Masanori | URL | 93zoS.6.

    うちは、ずっと前に食べたことがある。
    多分、なんとも無かったと思うけど

  3. hoyo | URL | -

    ん~・・・どうも、製造時期によってそれ使ってたときがあったみたいで、
    そのとき以外はちがうところのやつつかってたらしい。
     と、新聞にのってたお詫び文にかいてました。

  4. 匿 | URL | -

    中国と日本の間の為替レートの問題もありますので、なんともいえないんでは?
    また、そのような状況下であるにせよ、中国の商品が危ないのであればそれは避けられない現実であるわけで。

    中国商品の安全に問題があることと、日本の中国への待遇が悪い事は別問題でしょう。
    中国商品に問題があることは事実。
    中国製品=危ない というのは現実です。

    その原因としてもしかすると先ほどのように日本の中国への待遇面の問題があるだけです。

    事実は事実。理由は理由。

コメントの投稿


(投稿者様のEmailアドレスが一般に公開表示されることで
メールスパムの標的となってしまう事を防ぐために
本項目はご入力いただいた場合も原則非表示としております。
当ブログ管理人にEmailアドレスを伝えたい場合や、
差し支えが無い場合にご入力ください。)
(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masapiyo.blog53.fc2.com/tb.php/170-bc21bd2f
この記事へのトラックバック
Creative Commons License
Masanoriのマイペース。なブログ by Masanori is licensed under a Creative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 License.

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。