スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯動画変換君をWindowsVistaで使う方法(QuickTime 7.2を正規に入手する方法)

2009年11月26日 13:42

携帯動画変換君で、正常に動画を変換するには、QuickTime 7.2が必要ですgた、
2009年11月現在、既にQuickTime 7.2は旧バージョンであり、入手はできますが、
脆弱性もあり、インストールは避けたいことと思います。
(そもそも、QuickTimeさえインストールしたくない人も居るでしょうし。)

そこで、今回は、Apple公式サイトから、QuickTime 7.2をダウンロードして、
インストールすることなく、携帯動画変換君だけで使えるようにする方法を記載しておきます。
(Windows Vistaで携帯動画変換君を使えるようにする方法も合わせて記載します。)

  1. まず、携帯動画変換君(3GP_Converter034.zip)をダウンロードして
    ダウンロードしたファイルをアーカイバソフトウェア(Lhaplusなど)で解凍(展開)する
  2. 解凍してでてきたフォルダにある(以降携帯動画変換君のフォルダと表記する)、
    Setup.exeをダブルクリックなどで実行し、設定を行う
    [設定]ボタンをクリックすると、携帯動画変換君の画面が表示されるので、
    変換する設定や、出力先フォルダも、前もって設定しておく
    設定が終わったら、携帯動画変換君を終了する
  3. (Windows Vistaを利用している場合のみ、必要な手順)
    携帯動画変換君のフォルダにある、3GP_Converter.exeを右クリックして、
    プロパティを表示する。プロパティの「互換性」タブを開き、
    「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れて、
    「Windows XP (Service Pack 2)」を選択する。
    「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れる。
    [OK]ボタンをクリックしてプロパティを閉じる。
  4. QuickTime 7.2 for Windows(QuickTimeInstaller.exe)を
    下記のURLからダウンロードする
    http://www.apple.com/jp/ftp-info/reference/quicktime72forwindows.html
  5. ダウンロードした、QuickTimeInstaller.exeを
    アーカイバソフトウェア(Lhaplusなど)で解凍(展開)する
    (exeファイルだが、解凍は可能。)
  6. 解凍(展開)したら、QuickTime.msiというファイルが出てきたかどうか確認する。
  7. ”ファイル名を指定して実行”でcmdと入力し実行すると、”コマンドプロンプト”が起動するので、
    (スタートメニューからコマンドブロンプトを起動してもOK)、
    下記のコマンドを入力して実行し、完了するまで待ちます。(数秒から数十秒で完了する。 )

    start /wait msiexec /a "解凍して出てきたQuickTime.msiのパス" targetdir="C:\tempqt\"

    (注意:上のコマンドが表示環境によって複数行に見える場合があるが、実際は1行なので注意。)
    (注意:解凍して出てきたQuickTime.msiのパスの例:C:\****\QuickTimeInstaller\QuickTime.msi)
    (注意:もちろん、C:\tempqtというのは出力先にするフォルダのパスなので、実際には何でも良い。)
  8. (注意:UACが有効の場合は確認画面が表示されるので許可する。
    一旦、インストールの画面が一時的に表示される場合もあるが、実際には展開されるのみなので大丈夫。)
  9. これで、Cドライブのtempqtフォルダに、フォルダやファイルが出力される
    tempqtフォルダの中にできた「Program Files」フォルダ→「QuickTime」フォルダ→「QTSystem」フォルダを開いていく
  10. 「QTSystem」フォルダ内にある以下のファイルとフォルダを
    携帯動画変換君のフォルダにある「cores」フォルダ内へコピーする。
    (以下のファイルについては、こちらのブログを参考にさせていただきました。)
    • [フォルダ]
      • QuickTime.Resources
      • QuickTime3GPP.Resources
      • QuickTime3GPPAuthoring.Resources
      • QuickTimeAudioSupport.Resources
      • QuickTimeH264.Resources
      • QuickTimeMPEG4.Resources
      • QuickTimeMPEG4Authoring.Resources
    • [ファイル]
      • CFCharacterSetBitmaps.bitmap
      • QuickTime.qts
      • QuickTime3GPP.qtx
      • QuickTime3GPPAuthoring.qtx
      • QuickTimeAudioSupport.qtx
      • QuickTimeH264.qtx
      • QuickTimeMPEG4.qtx
      • QuickTimeMPEG4Authoring.qtx
  11. 以上で完了。あとは以下のように、変換を行うだけ。(次回からは以下の操作のみでOK。)
    • WindowsVistaの場合
      携帯動画変換君のフォルダの3GP_Converter.exeのアイコンに、
      変換したいファイルを、ドラッグアンドドロップする。
      (3GP_Converter.exeのショートカットを作成して、そのショートカットのアイコンに、
      変換したいファイルを、ドラッグアンドドロップしてもよい。)
    • Windows XPの場合携帯動画変換君のフォルダの3GP_Converter.exeを実行すれば、
      携帯動画変換君が起動するので、変換したいファイルを、
      ドラッグアンドドロップする。
スポンサーサイト

CREATIVE ZEN X-Fi2の新しいファームウェア(1.10.04)を入れてみた

2009年11月25日 19:04

11月25日(つまり今日)に、Creative ZEN X-Fi2の新しいファームウェア(1.10.04)が公開されました。

ちなみに、このファームウェア(1.10.04)の変更点は次のようなものがあります。

  • [システム]>[フォト/ビデオ設定]に[オートローテション]を追加(このオプションを有効にするとフォトモードで画像表示中、プレーヤーの方向に合わせて画像が回転します。)
  • メインメニューに[アプリ]を追加(Sudokuのみ)
  • メニューアイコンを変更(旧ファームウェアデザインのアイコンは選択できません。)
  • タッチパネルの動作を最適化
  • 誤操作防止のため、電源スイッチを長押しで起動するように変更(画面表示まで長押し)

なんと新しい機能が二つ(オートローテーション、アプリケーション(Sudoku))も追加されているじゃないですか。
Creativeは、あまり後から機能の追加をしないものだと思っていましたから、ちょっと驚きです。

というわけで早速。

まず、Creativeのウェブサイトからファームウェアをダウンロードします。
http://jp.creative.com/support/downloads/download.asp?MainCategory=213&nRegionFK=&nCountryFK=&nLanguageFK=&sOSName=Windows+Vista+32-bit&region=2&Product_Name=ZEN+X-Fi2&Product_ID=18965&modelnumber=&driverlang=1041&OS=26&drivertype=4&x=5&y=14

ZEN X-Fi2を接続をした後、ダウンロードしたプログラムを実行して、
ファームウェアのバージョンアップを実行します。

で・・・新しいファームウェア(1.10.04)を入れてみました。

トップ画面のアイコン(ボタン)がカラフルになっています^^;
また、このカラフルな新しいテーマが設定された状態で起動します。
ちなみに、テーマは勿論、好きなものに変更できる(今まで使っていたものに戻せる)のですが、
アイコン(ボタン)は、旧ファームウェアの物(半透明っぽい奴)には戻せないようです。
(アイコンを戻すには、ファームウェアのバージョンを戻すしかないようです。)
私はどちらかといえば旧ファームウェアのアイコンが好きでしたので少し残念ですが、
まあ仕様変更だと思って諦めます(笑)
IMG_7731

2ページ目には、Applications(日本語表示では「アプリ」)のアイコンが追加されています。
IMG_7732 

Application(アプリ)アイコンを、タッチすると、Applicationメニューが開きます。
ファームウェア1.10.04で追加されたSudoku(数独)が選ぶことができるようになっています。
IMG_7733

早速、Sudokuを起動してみました。こんな感じです。
IMG_7736
IMG_7737

(結構、しっかりとSudokuって感じですね(?)。
しかし個人的には、こんなゲームをつけるなら、歌詞表示機能などをつけてほしかったです。)

次にファームウェア1.10.04の新機能「オートローテーション」 を試してみます。
設定画面にこのように項目が追加されています。(ご覧の通り、日本語表示に切替えました。)
IMG_7739

オートローテーションを有効にして、画像を閲覧してみます。
(写真に写っている画像はデフォルトで入っているものです。)

通常(本体が横向き)ではこんな感じ。
IMG_7742
そして・・・本体を縦向きにすると・・・。
おお。自動的に画像が回転しました!
IMG_7740
しかし・・・縦横を判別できるセンサーが、ZEN X-Fi2にも搭載されていたんですね!?
てっきり無いのかと思っていましたが・・・。
(出来ることなら、最初からそれを利用できる機能を
付けておいて欲しかったのですが、それをしないのは流石、Creativeですね^^;)

ZEN X-Fi2もすっかりメインとして「使えるDAP」になってきたなあという印象です。

[美山ツールズ]スケジュール表示ガジェット(Windowsサイドバー)開発中(11)

2009年11月06日 19:05

10月28日に初版を公開し、数日後に不具合の修正版を公開することとなったこのガジェットですが、
既にもう次のバージョンを開発中です。
kyotomiyama_lms_sche_gadget_11_0

前回からの変更点は・・・。

  • イベントチェック時のイベント名のフェードアニメーション
  • イベント名表示のスクロールの方式の変更
    (早速ご意見をいただいたので。)
  • スケジュールの再取得ボタンreload_btn_enable の実装
  • 設定画面のタブ化
    kyotomiyama_lms_sche_gadget_11_1
  • 色設定の実装
    ・イベント名横のボーダーの色
    ・イベント名の文字色
    kyotomiyama_lms_sche_gadget_11_2
  • 細かなコードのダイエット

イベントチェック時のイベント名のフェードアニメーション
済んだイベントにチェックを入れると、それに関連するイベントが、非表示になるというのは、
最初からあった機能でしたが、これが、チェックを入れると瞬時に消える為、
どれが非表示になったかがわかりづらいというところがありました。
そこで、新しいバージョンでは、フェードアニメーションを取り入れ、
ふわっと消えたり、ふわっと出てきたりするので、大変わかりやすくなっています。

イベント名表示のスクロールの方式の変更
イベント名表示のスクロールの方式の変更は結構面倒でした。
見た目の変更としては、左右に交互にスクロールする方式から、
ごく一般的な右から左にスクロール方式に変更しただけなのですが、
これが実は今まで、MARQEEタグを使っていたんですが、
オリジナルのJavaScriptによる擬似?スクロールに変更しました。
(MARQEEタグの場合、右から左にスクロールする方式だと、
一旦全ての文字を表示しおえると、文字が全く表示されないんですよね。
なんていうか・・・。つまりブランクになる、表示が無くなるタイミングがあるんです。)

スケジュールの再取得ボタン
スケジュールの再取得ボタンを押せば、
1クリックで、スケジュールを最新の状態に更新できます。
(今までは、PCを再起動するか、ガジェットを一回再起動させなければ出来ませんでした。)

設定画面のタブ化
設定画面のタブ化は、
設定項目の増加によりどうしても必要なことでした。
最低限設定が必要な項目と、そうでない項目とを区別しやすくするためにも必要です。

色設定の実装
色設定は、今回、設定画面をタブ化したことにより、設定画面を設けることが実現できました。
より視認性を向上させます。

こんなところです。
他にも追加したい機能が色々とあるのですが、それは時間があれば実装したいですね。

さてと、久しぶりに、ムギソンを聞きながら開発しています。
やはり、Humming Birdは最高ですね~(インストゥルメンタルVerも特に。)。

Creative Commons License
Masanoriのマイペース。なブログ by Masanori is licensed under a Creative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 License.

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。