スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタートメニューが壊れた!?

2007年10月24日 16:49

プロアトラスの体験版をインストールして
起動しようと、スタートメニューを開いたときに気づいたのですが
何と、全てのプログラムの中に「プログラム」というフォルダが。

Vistaになって構成が変わったから、インストーラが間違えたのかな?と思って
まあ、ひとまずそのフォルダの、プロパティを見てみると・・・
何とプログラムフォルダ(C:UsersmasanoriAppDataRoamingMicrosoftWindowsStart MenuPrograms)そのものじゃないですか・・・
これはうかつに削除できない・・・
原因は何なのかを考え、まず、スタートメニューがおかしいのではないかと疑ってみました
AllUsersの方の、スタートメニュー内のフォルダは
「C:ProgramDataMicrosoftWindowsStart Menu」になっています

このフォルダのプロパティの場所タブを見ても
どうやら権限関係で変更できそうにない
・・・
ということで、もうひとつの個人用スタートメニューフォルダ
「C:UsersmasanoriAppDataRoamingMicrosoftWindowsStart Menu」の
プロパティの「場所」タブを見ると・・・おお変更できる。

まず、適当にそれを変更してみました。
何回かいろいろと変更してみましたが・・・
スタートメニューに個人用の項目が表示されなくなったり・・・
余計にいろいろな項目が出てきたり・・・
完全におかしくなって、訳がわからなくなりました・・・


そこで冷静になって、もう一度考えました・・・・・。

あ!
もしかして、スタートメニュー内のプログラムフォルダの関連付けがバグっているのではないか?
ということが。

どうやらWindowsは、個人用スタートメニューのフォルダと、
個人用プログラムフォルダ(スタートメニューの全てのプログラムのこと)は別々に管理しているようです。

そして、スタートメニューのフォルダのほうは、実際のフォルダを開くと
プロパティに、場所タブがあって、それがスタートメニューだと認識されているんですが
そのフォルダ内の、Programsフォルダのプロパティでは場所タブがありません!!!

な!なんとプログラムフォルダがそれだと認識していないのです・・・。
どうすれば、直るんだろうといろいろやってみましたが
何しろ、このプログラムフォルダの、実際のパスを編集するには、
その認識されたプログラムフォルダのプロパティを開かないといけません。
しかし、どうやらパスがおかしくなっているらしく、そのフォルダは存在しません・・・
(ためしに、なでしこで、環境変数を出してみましたが、だけになっていました・・・)

もう一度、Masanoriは考えました・・・
うーん・・・Windowsのことだから、レジストリでパスを管理しているんだろうな・・・
ということで、レジストリエディタを起動、パスが記録されていそうな、
ところを見てみましたが・・・見つからない。


そこで、Googleで検索・・・
MicrosoftのWebサイトに、だいたいの保存されているところが示されていました。
それを元に、適当にレジストリキーを、探してみる・・・
やった見つかった!!!
HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerShell Folders
の「Programs」のキーにフォルダパスが記録されていました

早速、それを変更・・・。
実際に存在するパスに、書き換えます。
これでいけたか!?と思って、スタートメニューを見てみるが
状況はかわらない・・・

「多分、ログオフすれば、適用されるはずだ。」と、自分に言い聞かせ
ログオフ・・・

そして、ログオンしてみる・・・頼む。直ってくれ
恐る恐る、スタートメニューを開く
あ!直ってる。よかったー

ということで、直りました。皆さんもご参考にしてください
スポンサーサイト

複数台のPCでファイルを同期する方法(オフラインフォルダの設定方法)

2007年10月24日 13:25

1人で使っている、複数台のPC間の、同期をとる方法のメモです。
スタイルとしては、まずメインPCを決めておき、そのメインPCにサブPCがアクセスするというようなものです。
つまり、ファイル/フォルダの共有を使用します。

尚、メインPCは、Masanoriの場合、自分のデスクトップPCです。
サブPCは、ノートPCなどのことになります

この同期の、使用例としては
家では、メインPCで編集している文書を、出かけるときにノートPCと同期し
ノートPCで、出先で編集し、帰ってきたら、メインPCと接続し同期するというような使い方です
一人で使いますので、複数のバージョンができるということも無く、
常に最新のデータを、もう一方のPCにコピーできれば良いので、この方法で十分でしょう。
(保存日時が新しいほうが、新しいデータとなる。)


では、まずメインPCの設定をしましょう。
■メインPCの設定
[1]共有(同期対象に)したいフォルダプロパティを表示します
オフラインフォルダの設定方法1

[2]プロパティが開いたら、共有タブに切り替えてください。
そして[詳細な共有(A)]ボタンをクリックします
オフラインフォルダの設定方法2

[3]詳細な共有ウインドウが表示されます。
[このフォルダを共有する(S)]にチェックを入れて
[キャッシュ(C)]ボタンをクリックします
オフラインフォルダの設定方法3

[4]オフラインの設定ウインドウが表示されます。
[共有からユーザーが開いたファイルとプログラムは、全て自動的にオフラインで利用可能にする(A)]にチェックを入れて
[OK]ボタンをクリックします
オフラインフォルダの設定方法4

[5][OK]ボタンをクリックします
オフラインフォルダの設定方法5

[6][閉じる]ボタンをクリックします。
これで完了です
オフラインフォルダの設定方法6


次に、サブPCの設定です
2台目以降の、サブPCを追加するときも同様に設定してください。
■サブPCの設定(ここでは、Windows2000 SP4を使用した)
[1]サブPCで、マイネットワーク(WindowsVistaでは、ネットワーク)を開き、メインPCのコンピュータを開きます。
[2]
そして、先ほどメインPCで設定したフォルダ右クリックし、
[オフラインで使用する(V)]
をクリックします
オフラインフォルダの設定方法7

[3]オフラインウィザードが起動しますので[次へ(N)]をクリックします
オフラインフォルダの設定方法8

[4][ログオンした時およびログオフした時に自動的にオフラインファイルを同期する(A)]にチェックします
オフラインフォルダの設定方法9

[5]オプションを設定します
[アラームを使えるようにする(E)]は、オフラインになったときに通知する機能ですが
チェックするかどうかは、どちらでも良いです。
[デスクトップにオフラインファイルのショートカットを作成する(C)]はどちらでも良いですが
チェックすると、デスクトップにショートカットが作成されます(もちろん、手動でもできます)
[完了]ボタンをクリック
オフラインフォルダの設定方法10

これで完了です。

■上手くいかないとき
共有の設定(「メインPCの設定」の第3項)で
[アクセス許可]ボタンをクリックし
「Everyone」のユーザーを追加し
フルコントロールを許可してください。

WindowsVistaの再インストール

2007年08月22日 08:57

さて、いろいろ試していたら
ついにセーフモードまで起動できなくなりました orz
こうなるともう手の施しようが無いので
HDD全体のバックアップをとって
Vistaを上書きインストールし
必要なデータをコピーしたあと
Vistaを再インストールすることになりました

Vistaのインストールって案外時間かかりませんよ
2時間もかからないです。1時間強くらい。

Vistaが逝かれました

2007年08月20日 14:55

使い始めてからもう、3,4ヶ月たちましたが
やっと、それなりな?異常が発生しました。
かの有名な、STOPエラー。通称、ブルースクリーンエラーです
stop_0x00000024

Windows98とかだと良くある?異常だったんですけどね
2000だと殆ど遭遇しなかったな。
XPでは、そこそこ遭遇しました。

状況としては次のとおり、
えーと、今朝、朝早くにPCつけて
さわってたら、サウンドボードドライバの更新が
WindowsUpdateにあったんです
それを適用し再起動したら

Windowsのログオンになってさあログインしよう。
というときに、いきなりブルースクリーン・・・

さあ、どうやって直そうかなって冷静に考えて
まあまず再起動してみる。
無意味。何も変わりませんでした

で、今度は、
先ほど適用したドライバを疑って、
セーフモードで起動し、
ドライバをロールバックすることに。
ロールバック後再起動させてみるが
状況は変わらず。

もういちどセーフモードにして
今度は、システムの復元を実行。
しかし、またまた状況は変わらず・・・

今度は、メモリを疑って
memtestをかけてみるが、
エラー無し。だそうだ。

これくらいになると、ちょっと不安になってきます。
どうしたものか・・と思って、
WindowsVistaのDVDからブートさせて
回復オプションで、「スタートアップの修復」だったかな
それを実行しましたが
問題は見つかりませんでした。
ということ・・・

で、またまたセーフモードから
ネットにつないで、エラーコードを元にGoogleで検索。
CHKDSKコマンドでファイルチェックと修復を試みてみるが、
途中(22%)で動かなくなって
強制電源断。
次に、ntfs.sysをDVDから復元をしてみる。
だけど、状況は変わらず・・・

誰か、アドバイスをお願いします。
本当に困っています。
再インストール以外で。解決策はありませんか?


WindowsVistaのスリープ機能は便利!

2007年04月01日 11:24

WindowsVistaから搭載された、
スリープ機能というのは、
XP以前からあった、スタンバイと、休止状態を合体したものです。

スリープモードにさせると、
メモリと、HDDの両方に、そのときの状態を保存します。

そして、もし、次に起動するときに、メモリのなかにデータがあれば、
スタンバイと同様に、メモリから、保存された状態を読み込み、
復旧させます。

もし、メモリの中にデータが残っていなかったら(つまり、電源が完全に切られたばあいなど。)
休止状態と同様に、HDDから保存した状態を読み込み、復旧させるのです。


スタンバイの高速性と、休止状態の安全性を、併せ持つ、
Vistaのスリープ。非常に便利です。


電源ボタンを押すと、十数秒で、復旧し、
すぐに使えるようになります

(休止状態だと、画面が出てからも、使えるまで、少しかかりましたが。)

VistaHomePremiumをインストールした。

2007年03月23日 18:00

さて、前回の記事では、メモリも、1.25GBにして、
グラフィックボードもAeroに対応できるものにしたことを書きました。
それで、Vista対策も、万全にできましたので、
早速、メインPCに、WindowsVista HomePremium(DSP版)を、
インストールしました。

尚、メインPCは、emachines J2950を増強したものです。
HDDとメモリ、ファンなどを変えてあり、
グラフィックボードと、TVキャプチャーボードなどを取り付けてあります。

尚、マザーボードは、FIC VG33で、変えていません。
ドライバも、特にいりませんし、BIOSアップグレードも必要ないです。
同モデルを所持されているユーザーの方は、ちょっとパーツを増設すれば、
Vistaも余裕でOKですので、参考に。

さて、インストール方法は、安全のため、
VistaとXPを切り替えできる、デュアルブート方式で。

それで、Vistaをインストールするのに、驚いたことが・・・。
なんと、Vistaは、DVDブートでの、インストール時でも、
Vista風のきれいなGUI画面で、インストール作業ができるのです!!

なんと、USB接続の、ワイヤレスマウスでも、インストール画面の操作が出来ました!

WindowsXPでも、GUIはGUIでしたが・・・。簡易的なものでした・・・。
それが、WindowsVistaでは、VistaAero風ですよ。
かなり簡単で、ほとんど、操作が、要らなかったです。

すごいですねー。
もう、本当に、初心者の方でも、簡単に出来そうです。

で・・・。
まあ、スムーズにインストールは完了し、

WindowsVista Aeroも、拝む事ができました。

音は、もちろん鳴りますし、
ネットもつながります(LANボード。)、
ビデオなども表示できます。
(ドライバのインストールは、不必要でした!)

フリップ3Dも、快適に動作しました。
(しかも、WindowsMediaPlayerで、動画を再生しながら、やりましたが、余裕でした。)

WindowsMediaCenterも、もちろん、動作しました。

以上。Vistaインストール報告でした。
Creative Commons License
Masanoriのマイペース。なブログ by Masanori is licensed under a Creative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 License.

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。