スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft LifeCam NX-3000を買った

2007年11月29日 13:00

ウェブカメラMicrosoft LifeCam 「NX-3000」を購入しました。
既に、Masanoriは、4つほどWEBカメラを持っているのですが
そのうち1台は、故障している(異常に映像が暗く、調節しても直らない)、
あとの3台は、出払っている(屋外で、監視カメラ代わりに使用中)わけです。
あと、るっきゅん用に、小さく薄く軽いものが欲しかったというのもあります。
ちょうど良かったのが、この「NX-3000」だったわけなのですが・・・

さて、早速使ってみましょう。
ということで、ドライバCDを挿入しようと、
CDを紙のCDケースから取り出そうとすると
なんと、ケースのフィルムが、CDにくっついている・・・。
取れない・・・。

無理やりやぶって取りましたが
フィルムはCDにくっついてしまいました。
まあ、多分大丈夫だろうということでCDドライブに挿入し
何とか無事にインストールは完了。

そして、「NX-3000」を取り付けて
無事、認識され、自動的に、設定プログラムが起動しました。
おお、写っている、写っている。

し・・・しかし・・・
何故か映像がおかしい。
半分くらいが突然ぱっと青くなったり赤くなったり・・・
それが連続です。
これはまともに使えない・・・。

初期不良なのかもしれません
ですので、これから、購入店に行って来て、「交換してくれ」とでも言ってくるつもりです
スポンサーサイト

PLANEXから新しいBluetooth周辺機器が発売されたようです

2007年10月19日 14:27

いつものようにAmazonを見ていたら
PLANEXのBluetoothヘッドセットの紹介が。
でも、見たことの無い機種だな。って思ってたら
どうやら、新製品のようです。
PLANEX Bluetooth製品一覧
それ程、目ぼしい物は無いですけど、3製品、新しい製品が。

■Bluetoothマルチペアリングヘッドセット「BT-05HST」
http://www.planex.co.jp/product/bluetooth/bt-05hst/
Bluetoothというのは、ホスト(PC、PDA、携帯電話など)と、周辺機器(ヘッドセットなどのこと)が
ペアリングし合うことによって
接続が確立するんですが
BT-05HSTは、その名のとおり、最大3台まで接続先を設定できる
マルチペアリングになっているようです
つまり、PDAと携帯電話とパソコンでBluetoothが使えるとしたら
その3台と、ペアリングし直しすることなく
切り替えて使えるということ。
これは、少し便利かもしれませんね。
待受時間:140時間、連続通話:5時間

次。
■Bluetoothミニヘッドセット「BT-05HS」
http://www.planex.co.jp/product/bluetooth/bt-05hs/index.shtml
まあ、これは特筆することは無く。
普通のBluetoothヘッドセットです。
9gという軽さと、小型なのが、特徴でしょうか。
待受時間:200時間、連続通話:5時間

最後は
■USB-Bluetoothアダプタ「BT-MicroEDR」
http://www.planex.co.jp/product/bluetooth/bt-microedr/
これは、機種名からも分かるように、超小型の、Bluetoothアダプタです。
サイズは、12.0(W)×19.0(H)×4.5(D)mm。
重さは約5gということで、非常に小型です。
でも、これ、前に買ったPriceton「PTM-UBT3S」に似ているな~。
あ、ちょっと大きさが違うか。
(W)12.0(BT-MicroEDR)と14(PTM-UBT3S)でした
でも、もしかすると、中のチップとかは同じなのかも。

さて、今回、新発売のこの3機は、
どれも、通信可能距離は、200mということで、
Bluetooth Class2です。

個人的には、Class1が良いんですけど、
アダプタにはClass1があっても
ヘッドセットにはClass2しかないんですよね。
Class1にすると電池が無くなるのが早くなるからか?
それとも、ヘッドセットですから、それ程、発信機と離れないからかな?

まあ、今のところ、
前に買ったもの(PLANEXのUSBBluetoothアダプタとヘッドセットを買った)で
満足しているので、新しく買う予定は無し。

国内最小USB接続Bluetoothアダプタ

2007年09月05日 17:39

プリンストンテクノロジーから日本国内最小の
USB接続式Bluetoothアダプタ「PTM-UBT3S
」が販売されているようです。
安くて、軽くて、小さいので、スグに買う気になりました。
どれだけ小さいかというと・・・
なんと、USB端子+ほんの8ミリ。

PTM-UBT3SPTM-UBT3S(製品画像)


PTM-UBT3S
BluetoothVer.2.0+EDR 対応で、最新ですし。

今なら、メーカー公式オンラインショップに登録すると
500ポイントが無料でもらえますので、それを使って値引きして、
1980円で買えます。(送料は無料のようです)
Bluetoothアダプタの中では、安いほうですね~


即買いました。
マザーボードロボットにでも、使いたいと思います
これなら、ノートPCにつけても、全くじゃまにならないですね~

届き次第、レビューしたいと思います。

キーボードの字が薄れてきた。。

2007年07月21日 09:32

もう何ヶ月か使っている
Microsoft Digital Media Pro Keyboardの
一部キーの文字が消えかけていることに気づきました
消えかけているのは、「N」です
なぜ、Nキー・・・?
他のキーは、なんとも無いです
そんなにNキーなんか使わないんですけど。

Intel Pentiumブランドが復活

2007年07月07日 14:53

IntelのCPU、Pentiumブランドが復活したようです。知らなかった。
Core 2 Duo等の新しいCPUが販売され、
Pentiumシリーズは、
一応、PentiumDを最後として、終了?というかたちになっていたようですが、
なんと、今回、Intelから、
Pentium DC(デュアルコア)というのが、発表されたようです。
PentiumDCは、Core 2 Duo E4300のL2キャッシュ(2MB)を、
1MBに減らしたもののようです。

Pentium Dual-Coreの価格は、1万円前後のようです。
これでPentiumシリーズのデュアルコアCPUは、
PentiumDと、Pentium Dual-Coreの2つになりましたね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Pentium_D
http://ja.wikipedia.org/wiki/Pentium_Dual-Core

マウスとマウスパッド買ってきた。

2007年06月16日 10:17

とある理由で、マウスを破壊してしまったので、
ケーズ電器に、マウスを、
買いに行きました。
ついでに、マウスパッドもw

それほど、じっくりと考えて買わなかったのですが、
今回買ったマウスは、これ。
マウス画像1
マウス画像2

ELECOM「光学式ワイヤレスマウス M-DY1URBK」です。

今まで使っていたのは、3RSystemの光学式ワイヤレスマウス(http://cf.3rrr.co.jp/products/mouse/3rm2068.cfm)でした。
これも、小さいサイズのものでしたが
今回も小さいサイズのマウスです。
マウスパッドを大きく使いたいですから、小さいものを使ってます。


そして、マウスパッドはこんなものを買いました。
マウスパッド

同じく、ELECOMの「14°マウスパッド MP-086BK 」というものです
このマウスパッドの特徴は、
マウス操作時の自然な手首の角度14°に、
画像のとおり、ハンドレストを合わた右利き専用マウスパッドなんですが、
いまいち、ハンドレストが・・・フィットしないというかなんというか。
腕を乗せる場所が悪いのか・・・?
腕が痛くなる場合があります。

それから、別にELECOMが、好きなわけではなく、
ただ、気に入ったものがあったから購入しただけです。

さて・・・。
言ってませんでしたが、少し前に、
キーボードも、新しいのを購入しました。
Microsoftの「Microsoft Digital Media Pro Keyboard」です。
これも、マイクロソフトのキーボード製品が特にすきだったわけではなく、
気に入ったキーボードだったので、買いました。
http://www.microsoft.com/japan/hardware/keyboard/dig_media_pro.asp

さて。
これで、
デスクトップまわりは、黒基調になりましたね。
ブラック、シルバー、ホワイトの3色となりました。
ホワイトとは、Felicaカードリーダライタ「Pasori」のことで、
それ以外は、パソコン本体含め、全部、シルバーとブラック。
ずいぶん、格好良くなりました。
では、また。

WinFast A7300GT TDH(AGP)を、AGP2.0マザーボードで。

2007年03月22日 23:49

Masanoriのパソコンで、
Vista Aeroを動作させるために、
LEADTEK社のWinFast A7300GT TDH(AGP)を、購入してみました。
WinfastA7300GTTDH


>WinFast A7300GT TDHは、NVidiaの、Geforce7300GTを搭載しています。
まあ、WindowsVistaのAeroも、そこそこ使えるようです。

実のところ、この購入は、賭けみたいなものでした。
実は、このグラフィックボードの規格は、AGP3.0なのですが、
パソコンのマザーボードのAGPスロットは、AGP2.0なのです

AGPポート

この2つの規格は、動作電圧が違います。
AGP3.0は、0.8V。AGP2.0は、1.5Vです。
AGP3.0の規格としては、2.0でもなんとか動作するようにできるというふうになっているのですが、
ほとんどの3.0専用のものは、動作しないものが多いのです。
もし、グラフィックボードが3.0専用だった場合、運が悪ければ、
グラフィックボードが、燃えてしまいます。
(火事になります。笑い事ではありません。)


しかし、Aeroが動くものは、3.0しかありません・・・。
というわけで仕方なく、WinFast A7300GT TDHを買ったわけです。


さあ。取り付け作業開始です。
いつもどおり、PCをシャットダウンし、
電源ケーブルを抜きます。

そして、Winfast A7300GT TDHを、
マザーボードのAGPスロットへ、差し込みます。
まっすぐ、差し込むようにします。

そして・・・。意外と、スムーズに差し込めました。
WinfastA7300GT-1

WinfastA7300GT-2


さて・・・電源を入れようか。
あ!電源の4pinケーブルを、ビデオカードへ挿すのをわすれてました。
これを挿さないと、動かない。
WinfastA7300GT-3

これで、OK。
さて、電源ケーブルをつないで・・・。
電源をいれます。
ポチッ・・・。
フィーン。
お、起動しましたよ。

そして、ビデオカードは、動作したかというと・・・。
動作しました!!!x4モードでの動作となりますが、
安定して、動作しています。


ドライバも、いれて、インストール完了です。

さて、これで、
安心して、Vistaをインストールできるようになりました。
(メモリも、1GB以上にしてあります。)
もちろん、WindowsVista HomePremiumを入れます。
Creative Commons License
Masanoriのマイペース。なブログ by Masanori is licensed under a Creative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 License.

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。