スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LG G Watch (Android Wearスマートウォッチ)が届いた&早速アプリを3本作った

2014年07月08日 01:12

Google Playで予約していた "LG G Watch " が届きました。
Google I/Oでは来場者にプレゼントされた他、海外では数日早く届いた方もいらっしゃったようですが、日本ではこれが初日となります。
7月7日...七夕の日のGoogleからの贈り物ですね(違)

パッケージはこれ。小さめの箱に入っています。


Android Wearというウェアラブル向けOSを搭載した初の製品で、Samsung Gear Liveという製品も同時発売されました。
大きな違いは画面の種類(液晶/有機EL)と、バッテリ容量(400mAh/300mAh)、心拍数センサ(無し/有り)です。
尚、この2製品は四角い形ですが、9月ごろには Motorolaから Moto 360 という円形の時計らしい製品が発売される予定です。今までのスマートウォッチには無かった形なので注目しています。
それでも今回、LG G Watchを先に購入したのは...自作アプリを一刻も早くテストしたかったから...という動機があったりします(笑)

さて、こちらは箱の底面。
この底面とクイックスタートガイドは日本語化されていました。
技適マークはソフトウェア上で表示するタイプです。(設定画面から確認できます。)


本体はシンプルなデザインです。ボタンは一つもありません。
裏面にはPogo pinがあり、充電は付属のクレードルを介して行います。
このクレードルには磁石が内蔵されており、かちっとくっつきます。
また、本体に電源ボタンはなく、充電を開始すると電源が入ります。
電源を切る操作は設定画面から行えますが、基本的には常時電源オンで使う仕様です。


バッテリ駆動時間は36時間だそうです。
まずまずですが、常に時刻を表示できるうえでそれだけ持つので、スマートウォッチとしては良い方だと思います。
(実際には省電力モードがあり、最低限の時刻表示と通知だけを残して暗くなります。それでも腕を持ちあげれば再び点灯してくれます。G-ShockのオートELライトみたいですね。)

スマートウォッチ(Bluetooth腕時計)といえば、Sony Ericsson時代のLive Viewも持っていますが、同じスマートウォッチとして見ればLG G Watchの第一印象は...かなり進化したなぁという印象です。
Live Viewはボタンを押さないと時刻を表示できませんでしたし、防水もありませんでした。それに比べ、LG G Watchは (恐らく今後発売される多くのAndroid Wear端末も)...
  • バッテリ駆動時間 (Bluetooth LowEnergyのおかげも大きいでしょう。)
  • 防水機能
  • 常時時刻がみえる
かなり腕時計の使い勝手に近づいています
私は普段 G Shockなどの腕時計を使っており、腕時計ではバッテリ駆動時間が長いのも防水も(特にスポーツ向けの腕時計では)あたりまえですが、スマートウォッチではまだまだ少数です。

スマートフォン(Android 4.3以上)とのペアリングには、 その名も"Android Wear"というアプリを用います。
ここからペアリングや、ある程度の設定が可能です。Android Wearでは基本的にスマートフォン上の全ての通知を表示できますが、スマートウォッチ側で通知してほしくないアプリを除外することも可能です。
(尚、写真に"タクシーを呼ぶ"という項目が表示されていますが、日本国内ではまだだと思いますw)


早速、半日ほど外出先で使ってみましたが、
スマートフォンをポケットから取り出す回数が減った気がします。

スマートフォンはペアリングしているにもかかわらず、バッテリ消費は少なかったです。
実際には...画面上では接続されているにもかかわらず、実際に操作するといつまでたっても読み込まないという問題が何度か発生しましたが、今後改善されていくはずです。

さて、先述したように数週間前から(Preview版SDKも使って) Android Wear対応アプリを開発しており、今日はそのテストも行ってきましたのでご紹介したいと思います m(_ _)m

既存のアプリでは "導機 (ミチビキ)" という半ばネタアプリが対応しています。
外出先で「"うどん"にするか"ラーメン"にするか、それとも...」と迷ったとき、Android Wear上でミチビキを起動して、"うどん、ラーメン、そば..."などと話すと、選んでくれますw
立派な音声認識の活用だt(


また、他にも新作2本を開発し、現在は友人に協力してもらってテスト中です。Android Wearだけでなく、Androidスマートフォン/タブレットでも使えるアプリとなっています。

ひとつは ”Photomaru”(ふぉとまる)
その名のとおり、写真に関するアプリで、写真を撮るのが好きな人のためのアプリです。
写真を撮るのが大好きな友人 (私なんかと比べ物にならないくらい上手な方) のハンドルネームから名前をいただきました。
良い感じで動作しているのでもう公開できそうです。


もうひとつは "beeWear"(びーうぇあ)といいます。
Foursquare の(ある意味)後継サービスといえる "Swarm"のためのアプリで、初心者ユーザさんは勿論、ヘビーユーザさんにももってこいなチェックイン特化型アプリです。
但し、こちらは外出して試したところ、うまく動作しなかったので写真はありませんw もう少し改良が必要なようです。

いずれもほぼ完成状態であり、テスト中です。
今週中には詳細告知と公開を行う予定です。お楽しみに!
(もし楽しみにしてくださる方が居てくださったらこの上なく幸いなのですけれど...。(;´д`)トホホ…)

p.s.
あと実はプログラミング日誌のほうで、開発者向けにAndroid Wear App開発のための記事も書いていたんですが、何しろ提供されている開発環境がテストバージョンの有り様だったこともあり(言い訳)、色々加筆訂正が必要となっている間に他の方によってハウツーが揃ってきたようなので、今回は公開しないことにしました。
スポンサーサイト

単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G を手に入れました。

2014年06月03日 23:51

Nikonの単焦点レンズを買いました。
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G です。
2万3千円也。Canonの最も安い単焦点レンズ(いわゆる「撒き餌レンズ」)よりは高いですが、NIKKORのなかでは安い方です。

私にとってデジイチで初めての単焦点レンズ。


D90に装着してみたところ。
こういうアングルですとあまりそうは見えないかもしれませんが、実際にはかなりコンパクトな印象。そして軽いです。


試しに撮ってみると明るくて驚きました!さすがF値1.8。
そして綺麗にボケます。(※この記事の写真は PowerShot S110 で撮影したものです。)

早速どこかへ出かけたいところですが、今は院試の準備が...(^^;)
でも近所をお散歩するときにも持ち出したいところ...また撮ったら記事を書きます。

そういえば Nexus 5 ユーザになりました

2014年03月30日 21:16

そういえば Nexus 5 ユーザになりました。
Blackの32GBモデルで、Google Playから購入。
私としてはGALAXY NEXUS、Nexus 7 (2012)につぐ、3台目のNexus端末です。

写真はもう世界中で散々アップロードされているかと思いますので、記念として適当に撮りました(笑)

パッケージは、Nexus 7と同じようなデザインで、
こちらは端末のイラストに Nexus 5 の 「5」がデザインされた壁紙が写っています。
ちなみにGALAXY NEXUSのときとは違い、ドロイド君の姿はありません(´・ω・`)






付属品は...
  • スタードガイド (一枚物)
  • 保証書
  • SIMカードスロット取り出しピン
  • microUSBケーブル (充電&通信)
  • USB-ACアダプタ (恐らく、LGのベース機種の付属品と同一なのでしょう。LGブランドです。)


シンプルですね。

いつもどおり...保護フィルムは MIYAVIXの「Overlay Brilliant」を。
また、カバーは 「Cruzerlite Experience Case for Nexus 5」というものにしました。Honeycomb/ICS以降のAndroidのアイコンがちりばめられたかわいいカバーです。



この端末は、日本向けSIMフリー端末なので技適ももちろん認証済みです。
docomo Xi 回線にてmopera Uスタンダードプランで使っています。
(一応、docomoメールアドレスも残すために SPモードを契約してドコモメール経由で使用。)

GALAXY NEXUSと比べると、画面サイズは然程変わりませんが、GALAXY NEXUSは裏面がカーブしていましたが、Nexus 5はフラットに近いです。
また角についても、GALAXY NEXUSは角丸ですが、Nexus 5はそれに比べると少し角張っています。
ですので、前者のほうがより手の平にうまく乗りやすい(収まりやすい)気がします。とはいえ慣れだと思います(^^)

数日経ってアプリもひと通りインストールしましたが、サクサク軽快に使えており好印象です。

タスクキラーやエコ系のアプリは一切インストールせず、GPSおよびNFCはオンで使っていますが、バッテリーの持ちもまずまず良く、とりあえず私の使い方としては日常的には充電は一回程度で済みそうかな..というところです。
カメラもGALAXY NEXUSと比べ、手ぶれ補正とホワイトバランスが良く、満足です。

それと何より、KitKatでは、Wi-Fiがオフの時でも位置取得のためにWi-Fiアクセスポイントをスキャンしてくれるので、以前と比べて位置の取得が素早く正確だと感じています。(実際、Foursquareのチェックインなども快適になりました。)

ここ最近

2014年03月22日 09:45

最近、せっかく友人と出かけて写真を撮っても、それを公開するということができていませんでした。
カメラのSDカードを覗いてみると...撮りためた写真が...w
反省の意味も込めて、そろそろまとめ的に写真をアップしようかと思っています(^^;)

Manfrotto Unica III messenger bag (ウニカ メッセンジャーバッグ 3型)

2014年01月23日 01:02

デジタル一眼レフカメラを携えてお散歩にいくときのカバンが欲しい...ということで、Manfrottoの"Unica III messenger bag" (ウニカ メッセンジャーバッグ 3型)を購入しました。6,300円也。
(今までは車のときはカメラのキャリングケース、それ以外はクッションなどで保護して普通のバックパックに入れていました。)
簡単にレビューしたいと思います。

まず、ウニカメッセンジャーは1、3、5、7型があります。(ちなみに1型はミラーレス用。) 5型と7型は底部に三脚スペースがあったりしますが、やはり全体に大きいです。
今回は気軽に使えるコンパクトさ重視で3型を選んでみたのですが、
結果からいうと、私のお散歩用途には十分な収納容量がありました。
普段使いもできて電車にも気兼ねなく持ち込めるサイズなので、これはありがたいです。

外観はこんな感じです。
この上向き矢印みたいなManfrottoのマークがある面はフラップになっており、下部にある金属製のバックルを外せば、ガバッと開くことができます。
(開いたところの写真は撮り忘れました ^^;)
ただ、この写真のように上面にある大きなチャックで全て出し入れできる為、普段はフラップを開く事もないと思います。


とりあえず、お散歩で持ち歩いている荷物一式を入れてみました。
このカバンの収納スペースは大きく分けて、前面ポケットと、メインポケット(?)の2つだけです。

まず、前面ポケットから見ていきます。
前面ポケットは先述のフラップを開くと見えます。
(※フラップを開かずとも、先述の上面チャックからでも一応出し入れできます。)

このポケットは奥行きはありませんが、深さはカバンの底まであるので案外色んなものが入ります。
また裏面(メインポケットとの壁)も十分に厚いので、ボールペンを入れてもカメラにあたったりという心配は無用です。

ここに...
財布、レリーズ、モバイルブースター、AC-USBアダプタ、オーディオプレーヤー、ボールペン、イヤホン (一部見えませんが)
...を入れてみましたが、まだ底に余裕がありましたw


次にメインポケットです。
奥側には12.1インチのノートPCを収納できるスペースがあります。(私は時にタブレットやノートを入れて使うつもりです。)
また、ベルクロ付きの仕切りが2つ付属していますが、今回はカメラのための仕切りとして1つのみ使用しました。

ここに...
Nikon D90 (AF-S NIKKOR 18-105mm 装着)、7インチタブレット(Nexus 7)、A5ノート、スマートフォンケース(Optimus Chat L-04C、microUSBケーブルを収納)、コンデジケース(Canon PowerShot S110を収納)、折りたたみ傘、500mlペットボトル
...を入れてみましたが、キツくなく僅かに余裕があります。私のお散歩には十分すぎる収納力ですw


ウニカメッセンジャーの3型の通常モデルは、上位モデルと違って底に三脚スペースがない為、深さは余裕があります。
何より、500mlのペットボトルや、長めの折りたたみ傘が入るのは嬉しいですね。(入れるなら水濡れ対策が必須なのでしょうが。)

尚、交換用のレンズは入れていません。
(親のマクロ、ズームレンズがありますが、今のところお散歩での利用度は低いです。
単焦点でも買えば変わるのだろうなぁ...。いつか欲しいです。)


おまけ。
ノートPC(Let's note CF-S10)をPC収納スペースに入れてみました。
このPCは12.1インチですが、天板がボンネット構造になっているなどの理由で、厚みが最厚部で4cmもあります。
キツイのかな...と思いながら、入れてみたところ...。
問題ありませんでした。(この写真ではコンデジや折りたたみ傘、ペットボトルなどを出していますが、一緒でも入りました。)

...これはもしかして、大学に行くときにこのカバンでデジイチを持っていけるのでは...((o(´∀`)o))ワクワク

いずれにせよ、このサイズなら気軽に使えて電車にも持ち込めるし、収納容量も問題なし、値段もそこまで高くない(むしろ安いほうなのか)
・・・ということで満足できるカバンでした。

一つ難点を挙げると、他の方も挙げられていますが、フラップにある"金属製の大きなバックル"が邪魔で
カメラなどにぶつからないように気をつけないといけないという点くらいですかね。

デジイチ用の三脚を新調した (Velbon Ultra 655)

2014年01月13日 03:00

2014年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。
新年は元旦から、このブログかプログラミング日誌++のどちらかを更新しようと思っていましたが、できませんでした(^^;)
のんびり更新していこうと思います。

さて、今回はデジタル一眼レフカメラ用の三脚ということで...
"Velbon ULTRA 655"を購入しました。


ちなみに、ULTREKシリーズのUT-63Qと悩みました。
カバンに入る!というUT-63Qのコンパクトさは捨てがたいですが、私の用途的には長時間耐えられる剛性も大切ですし、自由雲台より3Way雲台が付属している方がありがたいです。
ちなみに、友人(某utamaru氏)のおすすめもあって選びましたw

付属の雲台は"PHD-65D" (クイックシューは"QB-62") です。


ロックはVelbon自慢(?)のウルトラロックです。賛否両論ですが、私は好きです。

脚は5段で、上段から順に 30/27/24/21/18.2mm だそうです。 (ちなみにUT-63Qは6段。)

うちのNikon D90を載せてみます。

これで安心して夜空の撮影(比較明合成とか)もできますね(笑)
この三脚はフルサイズ機対応ということで、フルサイズ機を購入するのはまだまだ先のことかと思いますが、大切に使っていきたいところです。

ついでに。今まで使っていたレンズフィルターに細かいキズも入っていたので、レンズフィルターも新調しました。"marumi DHG Super Lens Protect"です。撥水+汚れにくいのはありがたいですね。

AF-S DX NIKKOR 18-105mm (72mm)につけていますけど、まあ収まりも見た目的にも良い感じです。
(いつもはレンズフードを付けているので隠れていますが。縁の下の力持ちですかね!w)

さあ、今年もいっぱい写真撮るぞっ!(*´∀`*)

このブログの今後

2013年08月10日 16:53

ブログをあまり書かなくなって久しいです。

開発関連は、Masanoriのプログラミング日誌++で書いていますが、
他は専ら、マイクロブログ(Twitter)や、Google+など、SNSへの投稿で済んでしまうという...。

最近はまたカメラを弄ったりしているので、
このブログを写真メインのブログとして復活させるのもありだなぁ〜などと考えたりしています。

ちなみに先日は、"京の七夕"というイベントに友人と行って来ました。
http://www.kyoto-tanabata.jp/
ちょうど天気が芳しくない日で、途中、雨が降ったりしましたがw
友人に撮り方のアドバイスなどをもらいつつ...
のんびりと楽しい時間が過ごせました♪

Get the flash player here: http://www.adobe.com/flashplayer

2013-08-05 京の七夕 (Picasa ウェブアルバム)

それでは、また。

アイスクリームサンドイッチがやってきた。 (GALAXY NEXUS)

2012年02月21日 00:27

ようやく私の元にも”アイスクリームサンドイッチ”こと、
Android 4.0がやってきました。

docomo版GALAXY NEXUS (SC-04D)です。

GALAXY NEXUSが昨年に発売されてから…
…欲しいなぁ…欲しいなぁ…と指をくわえていたのですが、
docomoの機種変更での月々サポートなどのキャンペーンにより、
毎月の利用額から端末代を割引してもらえる(=つまり実質は0円)ということで、
今回、Xperiaから機種変更を行いました。

実際のところ、この端末はあまり売れていない(=一般受けしていない)ようですし、
今夏には次期Android(Jelly Bean)がリリースされる…とのことですが、
リファレンス的存在であるNEXUSシリーズには、カスタムROMもふくめて、
今後のアップデートの見込みがもっとも保証されている…というわけで、購入に至りました。

また最近は、Androidアプリの開発で4.0での動作確認/開発を行うにあたって、
どうもPC上の公式シミュレーション環境では重たい…ということもあり、
開発のための端末としても実機が欲しかったところでした。
(NEXUSシリーズなので、開発者向け機能・設定も比較的豊富だったりします。)

ケースと保護フィルムも購入

保護フィルムは、MIYAVIXのOverlay Brilliant。OBSC04D
http://www.miyavix.co.jp/products/protectsheet/4682.html
格安なものと比べると少々値段は張るのですが、
グレアタイプでとても色が美しく、指のすべりも良好です。
そんなわけでOverlayシリーズにはXperiaやHT-03A、Optimus chat…でも毎度お世話になっています(笑)

ケースは、レイアウトのソフトジャケット(クリア) RT-SC04DC4
http://ray-out.co.jp/products/sc04dc4/
なかなかリーズナブルな、TPU素材のケースなのですが、
ハードキー周りはくり抜きされているので、こういったケースによくある
”ボタンが押しづらくなる”問題もありませんし、使いやすいです。

色はクリアですが、素材の白っぽさが少しあります。
ただ、安っぽく見えるということはなく、良い感じに背面が透け、見栄え的にも良いですね。
シリコン素材のケースと迷いましたが、ポケットへの入れやすさなどを考えてこっちにしました。
ハードケースとは違い、きちんと背面から画面のフチまでを保護してくれるので、安心感もあります(笑)

そんなGALAXY NEXUSの起動画面。
docomo版とはいえNEXUSシリーズなので、docomoやSAMSUNGという文字はどこにもありません。

この起動時のアニメーションも格好いいですね。

初期設定画面。ドロイドくんが迎えてくれます。
(今回は、docomoショップで初期設定してもらわず、電源投入確認だけでお持ち帰りさせていただきました。)

とりあえず、標準状態のAndroidのままで使ってみているのですが快適ですね。
大きさ的にもちょっと大きいかな?と思っていましたが、実際に持ってみると安定して持つことができますw

あとは折角のNEXUSですし、rootedにしてみようかなーとも思いますが、それはまたそのうちにでも。

Pinterest、始めました。

2012年02月05日 21:50

Pinterestというサービスを使い始めました。
まだ英語版しかないのですが、国内でも話題になっているサービスで、
写真を共有することをメインとしたSNSとは似て非なるものです。
http://pinterest.com/

まず、ふつうのSNSと違うのが、
Pinterestでは文字は殆ど書きません。

書いても写真のキャプションとかコメントだけ。
あくまで写真がメインなのです。
でも、Picasaや、Flickr、フォト蔵、Zorg....といった
写真共有サービスとも異なります

Pinterestには、自分のボード(板)を作成し、そこに、
写真をPin(押しピンで留めること)してコレクションしていく..という概念
があります。

このボードはたとえば、「食べ物」だとか、「風景」、「日本」、
「アーキテクチャ」、「デザイン」、「私の好きな場所」、
「ドロイドくん」...などというように、
自由に好きな名前でいくつも作成していくことができます

Pinterestではアカウントを作ったら初めに、
好みのカテゴリを選んで、色んな人をフォローしていきます。

すると、ホーム画面(Twitterのタイムラインなどに似たもの)
フォローした人のボードの新着画像が次々と表示されていきます。
雑誌を読むようにぱらぱらと、好きな写真を見ていくことができます。

あとから、好きなキーワードで検索して気になった人やボードをフォローするのもありでしょう。
人をフォローするだけでなく、その人の個別のボードをフォローしていったり、
一部のボードだけフォローしないということもできます


そして、”良いな!”と思う写真があったらクリックして、
"RePin"することで、自分の作ったボードにコレクションすることができます。

こうすることで、ほかの人に写真を教えてあげることにもなります。
また、そうではなく、単純に"Like"(Twitterのお気に入りのようなもの)とすることもできます。
もちろん、コメントもできます。
screenshot_20120205_pinterest_picturesinglewindow0.png

もちろん、他の人の写真だけでなく、
自分の撮影した写真をアップロードして、Pinすることもできます。

さらに、よくある写真共有サービスとは違うのが、
Pinterest以外のSNSやブログなどからPinしてくることもできる事。
ネットサーフィンをしていたりGoogle+などのSNSを見ていて・・
ふと出会った好みの写真をすぐに、Pinterestでコレクションして、
他の人に教えてあげることができるわけです

(その際はPinterest上の写真のページから、掲載元のページへリンクが貼られます。)

ちなみに私はGoogle+からPinしてくることも多々あり、
また自分の写真をPinするときは、基本的にGoogle+にアップした写真をPinするようにしています。
こうすることで、Google+上の自分のページも見ていただける可能性があるからです。

そんな感じでPinterestは、ふつうのSNSとは違い、
他のSNSなどと一緒に使うのがベスト
だと思います。
(FacebookやTwitterと連携できるようになっていますし。)

自分の好きなそうなモノ(写真)を、ぱらぱらと見て楽しんだり、
Webをブラウズしていて...
良いなっ!と思ったモノをコレクションする

Pinterestはそういうサービスのようです。

しばらく使ってみて...総じて、面白いサービスだと思いました。
何しろ、ホーム画面をスクロールしていくだけで、
フォローしているボードから、自分にとって興味のありそうな写真が次々と流れてくる
わけですから。
皆さんにも、ぜひぜひ試していただきたいです。

尚、Pinterestは現在英語版のみで、招待制となっています。
登録すれば、数日で招待メールが来るかとおもいます。

(ただし、もし試してみたいな!という方がいらっしゃいましたら、
私に言っていただければ招待しますので、ぜひぜひ♪)

詳しい使い方、活用方法の説明は、よくまとめてくださっている記事を。
Pinterest(ピンタレスト)の使い方解説サイトのまとめ ~ Plus One World

ちなみに、私のPinterestページはこちらです:
http://pinterest.com/mugifly/
もしよかったら、フォローしてやってください(*^^)/
screenshot_20120205_pinterest_myprofile0.jpg

[Pinterestをこれから使う or 使い始めた方へ]
Webで気に入った写真を見つけて...Pinしたいときに、
ブックマークレットをブラウザに登録しておくと便利です
Pinterest ブックマークレットページ
又、Google Chromeを使っていらっしゃる方は、代わりに、次の拡張機能2つがオススメです:
それではっ。

2012年、あけましておめでとうございます。

2012年01月01日 00:00

2012年、あけましておめでとうございます!!
昨年は、大学をはじめとして何かと忙しく変化もあった年でした。
おかげ様で、思えばなかなか充実した一年を過ごせたように思います。

本年は、開発や、学び、資格習得にもさらに力を入れて...
もっとCreativeな年にしたいと思いますw
皆様にとっても幸せの多き一年となりますように。

2012年元旦 Masanori.
Creative Commons License
Masanoriのマイペース。なブログ by Masanori is licensed under a Creative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 License.

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。