スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LG G Watch (Android Wearスマートウォッチ)が届いた&早速アプリを3本作った

2014年07月08日 01:12

Google Playで予約していた "LG G Watch " が届きました。
Google I/Oでは来場者にプレゼントされた他、海外では数日早く届いた方もいらっしゃったようですが、日本ではこれが初日となります。
7月7日...七夕の日のGoogleからの贈り物ですね(違)

パッケージはこれ。小さめの箱に入っています。


Android Wearというウェアラブル向けOSを搭載した初の製品で、Samsung Gear Liveという製品も同時発売されました。
大きな違いは画面の種類(液晶/有機EL)と、バッテリ容量(400mAh/300mAh)、心拍数センサ(無し/有り)です。
尚、この2製品は四角い形ですが、9月ごろには Motorolaから Moto 360 という円形の時計らしい製品が発売される予定です。今までのスマートウォッチには無かった形なので注目しています。
それでも今回、LG G Watchを先に購入したのは...自作アプリを一刻も早くテストしたかったから...という動機があったりします(笑)

さて、こちらは箱の底面。
この底面とクイックスタートガイドは日本語化されていました。
技適マークはソフトウェア上で表示するタイプです。(設定画面から確認できます。)


本体はシンプルなデザインです。ボタンは一つもありません。
裏面にはPogo pinがあり、充電は付属のクレードルを介して行います。
このクレードルには磁石が内蔵されており、かちっとくっつきます。
また、本体に電源ボタンはなく、充電を開始すると電源が入ります。
電源を切る操作は設定画面から行えますが、基本的には常時電源オンで使う仕様です。


バッテリ駆動時間は36時間だそうです。
まずまずですが、常に時刻を表示できるうえでそれだけ持つので、スマートウォッチとしては良い方だと思います。
(実際には省電力モードがあり、最低限の時刻表示と通知だけを残して暗くなります。それでも腕を持ちあげれば再び点灯してくれます。G-ShockのオートELライトみたいですね。)

スマートウォッチ(Bluetooth腕時計)といえば、Sony Ericsson時代のLive Viewも持っていますが、同じスマートウォッチとして見ればLG G Watchの第一印象は...かなり進化したなぁという印象です。
Live Viewはボタンを押さないと時刻を表示できませんでしたし、防水もありませんでした。それに比べ、LG G Watchは (恐らく今後発売される多くのAndroid Wear端末も)...
  • バッテリ駆動時間 (Bluetooth LowEnergyのおかげも大きいでしょう。)
  • 防水機能
  • 常時時刻がみえる
かなり腕時計の使い勝手に近づいています
私は普段 G Shockなどの腕時計を使っており、腕時計ではバッテリ駆動時間が長いのも防水も(特にスポーツ向けの腕時計では)あたりまえですが、スマートウォッチではまだまだ少数です。

スマートフォン(Android 4.3以上)とのペアリングには、 その名も"Android Wear"というアプリを用います。
ここからペアリングや、ある程度の設定が可能です。Android Wearでは基本的にスマートフォン上の全ての通知を表示できますが、スマートウォッチ側で通知してほしくないアプリを除外することも可能です。
(尚、写真に"タクシーを呼ぶ"という項目が表示されていますが、日本国内ではまだだと思いますw)


早速、半日ほど外出先で使ってみましたが、
スマートフォンをポケットから取り出す回数が減った気がします。

スマートフォンはペアリングしているにもかかわらず、バッテリ消費は少なかったです。
実際には...画面上では接続されているにもかかわらず、実際に操作するといつまでたっても読み込まないという問題が何度か発生しましたが、今後改善されていくはずです。

さて、先述したように数週間前から(Preview版SDKも使って) Android Wear対応アプリを開発しており、今日はそのテストも行ってきましたのでご紹介したいと思います m(_ _)m

既存のアプリでは "導機 (ミチビキ)" という半ばネタアプリが対応しています。
外出先で「"うどん"にするか"ラーメン"にするか、それとも...」と迷ったとき、Android Wear上でミチビキを起動して、"うどん、ラーメン、そば..."などと話すと、選んでくれますw
立派な音声認識の活用だt(


また、他にも新作2本を開発し、現在は友人に協力してもらってテスト中です。Android Wearだけでなく、Androidスマートフォン/タブレットでも使えるアプリとなっています。

ひとつは ”Photomaru”(ふぉとまる)
その名のとおり、写真に関するアプリで、写真を撮るのが好きな人のためのアプリです。
写真を撮るのが大好きな友人 (私なんかと比べ物にならないくらい上手な方) のハンドルネームから名前をいただきました。
良い感じで動作しているのでもう公開できそうです。


もうひとつは "beeWear"(びーうぇあ)といいます。
Foursquare の(ある意味)後継サービスといえる "Swarm"のためのアプリで、初心者ユーザさんは勿論、ヘビーユーザさんにももってこいなチェックイン特化型アプリです。
但し、こちらは外出して試したところ、うまく動作しなかったので写真はありませんw もう少し改良が必要なようです。

いずれもほぼ完成状態であり、テスト中です。
今週中には詳細告知と公開を行う予定です。お楽しみに!
(もし楽しみにしてくださる方が居てくださったらこの上なく幸いなのですけれど...。(;´д`)トホホ…)

p.s.
あと実はプログラミング日誌のほうで、開発者向けにAndroid Wear App開発のための記事も書いていたんですが、何しろ提供されている開発環境がテストバージョンの有り様だったこともあり(言い訳)、色々加筆訂正が必要となっている間に他の方によってハウツーが揃ってきたようなので、今回は公開しないことにしました。
スポンサーサイト

アイスクリームサンドイッチがやってきた。 (GALAXY NEXUS)

2012年02月21日 00:27

ようやく私の元にも”アイスクリームサンドイッチ”こと、
Android 4.0がやってきました。

docomo版GALAXY NEXUS (SC-04D)です。

GALAXY NEXUSが昨年に発売されてから…
…欲しいなぁ…欲しいなぁ…と指をくわえていたのですが、
docomoの機種変更での月々サポートなどのキャンペーンにより、
毎月の利用額から端末代を割引してもらえる(=つまり実質は0円)ということで、
今回、Xperiaから機種変更を行いました。

実際のところ、この端末はあまり売れていない(=一般受けしていない)ようですし、
今夏には次期Android(Jelly Bean)がリリースされる…とのことですが、
リファレンス的存在であるNEXUSシリーズには、カスタムROMもふくめて、
今後のアップデートの見込みがもっとも保証されている…というわけで、購入に至りました。

また最近は、Androidアプリの開発で4.0での動作確認/開発を行うにあたって、
どうもPC上の公式シミュレーション環境では重たい…ということもあり、
開発のための端末としても実機が欲しかったところでした。
(NEXUSシリーズなので、開発者向け機能・設定も比較的豊富だったりします。)

ケースと保護フィルムも購入

保護フィルムは、MIYAVIXのOverlay Brilliant。OBSC04D
http://www.miyavix.co.jp/products/protectsheet/4682.html
格安なものと比べると少々値段は張るのですが、
グレアタイプでとても色が美しく、指のすべりも良好です。
そんなわけでOverlayシリーズにはXperiaやHT-03A、Optimus chat…でも毎度お世話になっています(笑)

ケースは、レイアウトのソフトジャケット(クリア) RT-SC04DC4
http://ray-out.co.jp/products/sc04dc4/
なかなかリーズナブルな、TPU素材のケースなのですが、
ハードキー周りはくり抜きされているので、こういったケースによくある
”ボタンが押しづらくなる”問題もありませんし、使いやすいです。

色はクリアですが、素材の白っぽさが少しあります。
ただ、安っぽく見えるということはなく、良い感じに背面が透け、見栄え的にも良いですね。
シリコン素材のケースと迷いましたが、ポケットへの入れやすさなどを考えてこっちにしました。
ハードケースとは違い、きちんと背面から画面のフチまでを保護してくれるので、安心感もあります(笑)

そんなGALAXY NEXUSの起動画面。
docomo版とはいえNEXUSシリーズなので、docomoやSAMSUNGという文字はどこにもありません。

この起動時のアニメーションも格好いいですね。

初期設定画面。ドロイドくんが迎えてくれます。
(今回は、docomoショップで初期設定してもらわず、電源投入確認だけでお持ち帰りさせていただきました。)

とりあえず、標準状態のAndroidのままで使ってみているのですが快適ですね。
大きさ的にもちょっと大きいかな?と思っていましたが、実際に持ってみると安定して持つことができますw

あとは折角のNEXUSですし、rootedにしてみようかなーとも思いますが、それはまたそのうちにでも。

Androidアプリ開発はじめました♪

2011年08月08日 23:07

皆さん、いかがお過ごしですか。
立秋とはなかなか程遠い暑さが続きますが、
ご体調など崩されておられませんでしょうか。

さて。Androidアプリケーションの開発を、Javaの習得を兼ねて、
ちょっとずつですが..かじりだしました、今日この頃のMasanoriです。
また、Chromeアプリケーション(Google Chrome、Chrome OS上で動作する)開発もやってみたりしています。

(余談ですが...Chromeアプリケーションは、いわゆるAjaxや、Windowsガジェットなどと同様に、HTML+JavaScript+CSSなどのアーキテクチャがベースなので、比較的簡単で、HTMLとCSSやJavaScriptでホームページを作成できる程度の知識があれば開発をすぐにはじめられるという、敷居の低さを感じました。)

実は先週末から学校が夏休みに入ったばかりなのですが、
今夏は、現行の多くの開発プロジェクトの開発・リリース、
Java言語の習得や、Androidアプリの開発・リリース、
Chromeアプリ(Google ChromeOS)の開発・リリース...
資格取得に向けた勉強、そして..その他...趣味の開拓...と(笑)
そういったことを目標に、集中してこの夏休みを有効活用して取り組みたいと思っています。

それでは♪

近況報告

2011年01月28日 14:08

本当に記事を書かなくなりました(笑)
前回の記事が去年の9月とはマズイです。

報告事項としては・・・
Android2.2搭載タブレット「SAMSUNG Galaxy Tab (SC-01C)」を購入いたしました
(docomoの新規0円、2年縛りにて契約しました。
SIMカードは挿しっぱなしですが、3Gデータ通信を設定で無効にして、Wi-Fiのみで運用しています)。
これでわが家のAndroid端末は3台目です。
(私の「Xperia(SO-01B)」、「Galaxy Tab(SC-01C)」...そして親の「HT-03A」です。)
詳しく書くのもあれなので、一言で言いますが、Androidは面白いです。そして便利です。
・・・Javaもきちんと勉強してアプリを作りたいと思っているのですが、なかなかですf(^^;)

Deap Peace」のTrancendさんが購入されたようで(さすがだなあとCreativeファンとしても尊敬してます!)ですが、
Android搭載のDAP「Creative ZEN Touch2」は気になっているのですが、
感圧式(抵抗膜方式)とAndroidマーケット非搭載がやはり私にはネックに感じます。
でもCreative製品として、そしてデジモノとして欲しいのですが、
いつものようにお金無いですし・・・orz 予定は無いです。

今年はじめての投稿だということで今年の目標を・・・。
今年2011年は、色んな面で新しい挑戦をしたいと思っています。
4月からとても忙しい生活となりそうです。でも忙しさに負けずに頑張ります。
この言葉を使うのもどうかとは思わないことも無いのですが・・・
ある意味で「リア充」的なような自分を目指せたら...と思います。
(深読みしたりして勘違いしないでください(笑))

それでは、まだまだ寒いですがご体調に気をつけてくださいね♪

久しぶりに何か書いてみます(PoBox Touchのアップデートなど)[Xperia]

2010年09月07日 20:46

久しぶりの投稿です。
やはりTwitterに復帰してしまうと、ブログを書かなくなってしまうのはもはや確定事項ですね(^^;)

さて。Xperiaですが、もう無くてはならない端末になってしまっています(笑)
パソコンの使用頻度も落ちるくらいです。
Webブラウズに、メールに、スケジュール管理に、ToDo管理に、遊びに、コミュニケーション手段に...と。

Xperiaを含めAndroidでは、IME(日本語入力)やソフトウェアキーボードも
自由に切り替えることができます。
(例えばもし、ATOKのAndroid版がリリースされたらそれを好みでインストールして使う。ということも出来ます。
噂に聞くところによればiPhoneでは出来ないらしいですね。)
そういうわけなのですが、私は、変換精度やキーの打ちやすさなどから、
Xperiaに標準搭載されているPoBox Touchというものを使っています。

ところで先日、Xperiaのバージョンアップがありました。
このバージョンアップでは様々な改善点がありました。
SPモード対応も大きいところだと思いますが、他にも
PoBox Touchで「マッシュルーム」が使えるようになるという更新がありました。

マッシュルームというのは元々、Android向けの無料のIMEアプリである「Simeji」などで使える
アプリケーション連携機能のことです。
iPhoneには無くてAndroidにはある機能として「インテント」があります。
マッシュルームは、このインテントをうまく活用した仕組みです。
具体的な例として次のようなことができます。
  • GPSを元に現在座標を挿入する
  • 入力中の文字列や選択した文字列を翻訳する
  • 入力中の文字列や選択した文字列の全角半角などを変換する
  • 時刻や日付などを挿入する
  • 西暦/和暦変換をして挿入する
  • 郵便番号・住所変換をして挿入する
  • 顔文字や定型文を挿入する
  • アドレス帳から情報を挿入する
など...
これはそれぞれ、それぞれの機能を実現するマッシュルーム(アプリの一種)を実行することで行ないます。
具体的には、何らかのアプリ(メールでもブラウザでも...何でも構いません)で文字を入力する際に、
IME(SimejiやPoBox Touch)上のボタンを押すことで、
マッシュルームアプリの一覧が表示されるので、使いたいマッシュルームを選ぶだけです。

マッシュルームアプリによっては何も表示されずすぐに文字が処理されたり、別途ダイアログなどが出たりします。

マッシュルームが何が便利かといえば、わざわざ別のアプリに切り替えて出力された内容をコピー&ペーストするなどの必要がないことです。
どんな入力画面でも簡単にマッシュルームを実行できます。

で・・・。このマッシュルームというのはIME側で、
”マッシュルームアプリを列挙してそれをユーザに選択させて呼び出す”という機能を実装するわけです。
というわけですので、マッシュルームアプリの呼出に対応したIMEでしかマッシュルームは使えません。
そして今回、Xperiaに標準搭載されているソニー・エリクソン純正の「PoBox Touch」にその機能が実装されたわけです。
(ちなみに何もIMEでなければダメなわけではありません。そんなわけですので、
クリップボードへコピーしておいた文字列に対してマッシュルームを実行できるような単体のアプリもあります。)

とても便利です。

マッシュルームアプリのインストール/アンインストールは、一般的なアプリと同じように行えます。
さらに大抵がフリーウェアです。
Androidアプリのライブラリ的なWebサイトなどで探すと良いものが見つかるかもしれません:
ここではAndroiderという日本語のサイトでの検索URLを紹介しておきます:
http://androider.jp/?s=%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0&x=0&y=0

次期Android「Gingerbread」は2010年10月中旬リリースか

2010年07月01日 11:55

Androidの次期バージョン「Gingerbread」ですが、
どうやら2010年10月中旬ごろにはリリースされるとの噂です。
さらに、11月~12月ごろには搭載端末が発売されるようです。
(先日、Froyo(Frozen Yogurt)がでたばかりだというのに・・・)

さて。その最低環境ですが、
  • CPU: 1Ghz
  • メモリ: 512MB
  • 画面: 3.5インチ
となっています。
Windows2000搭載の古いPC程度のスペックはあるような気がします。
(まあ、Windows Phone7なんてもっと高スペックを要求してるけど。)

現行の日本国内で発売されているスマートフォン端末で考えますと、
NTTDocomoのXperiaは、メモリ不足。
SoftBankのDesireは、一応何とかなりそう。
HT-03Aは、アウト。
といったところでしょうか。(あと、NexusOneも何とかなりそう。)
ただまぁ、国内の端末の公式なバージョンアップついては、良くて2.2(Froyo)までで打ち切りでしょうね。
Gingerbreadまでは無いと思います。(Xperiaなんて2.2が提供されるかどうかさえ定かでない。)

ちなみに、今後のAndroidは、
Android 2.x => ローエンド端末向け
Android 3.x => ハイエンド端末向け
と分けるという噂も出ており、気になるところです。
(ハイエンドスマートフォンとしてでたXperiaが1年立たないうちにローエンド端末行きです・・・。
ってまあPCではそれが当たり前なのですけども。悲しいですね。)


[参考サイト]

Androidアプリケーションの開発をかじってみた・・・のだが・・・

2010年06月22日 14:56

Javaの知識は全く無し+実機も持ってないくせに、
Androidアプリケーションを開発してみようかな・・・なんて思ってしまって、
Eclipseと、Android SDKをPCに入れて、かじりはじめたのですが、
Javaを一応でも勉強してからじゃないとダメですね、やっぱり^^;

パッケージとかクラスとか、文法については、
C++やPerl、JavaScriptなんかに似ているところが有ったり無かったりするので、
公式のリファレンスページとかサンプルコード眺めてたら、
何となく読めたり読めなかったりするわけなんですが、
やはりダメでした。

基礎的な文法や関数などを理解していない(というか存じあげていない)ので、
実際にアプリケーションを作るのは無理っぽいですw

逆に、Javaの基礎さえわかっていれば、英語のリファレンスページを、エアー翻訳(違w)して、
どうにかこうにかなりそうな気がしないこともないのですが、
それでも私のように、英語も読めなくてプログラミングのセンスも無い者にとっては、
どうやら日本語の解説書にお世話にならないと無理っぽいと思います(^^;)

しかし金がw・・・。
Javaの学習書も大抵それなりにするんですけど、
Androidの解説書(学習書)とかもうね・・・3000円超えるのが当然みたい。
(はい。今まで読んできたプログラミング本は安くて簡単なやつばっかりです。どうもありがとうございましたww。)
・・・となると、2冊も3冊もいっきに買えないわけでして、厳選しなくちゃいけないわけです。

むむむ・・・私なんかがAndroid アプリケーションを開発したところで、
収益ができるレベルの物なんて到底できないでしょうし・・・。

まあ、本当に開発するなら、Android Dev Phone1(ADP1。開発者向けのAndroid端末。)とかも欲しいところですがw
(ADP2もあるけど、ADP1のほうがハードウェアキーボードがあるので、開発目的には向いてると思う。どうせ普段使いはダメだし。)

Xperia X10のAndroid2.1バージョンアップを2010Q3に前倒しか

2010年06月17日 09:23

Xperia X10シリーズ(Xperia X10、X10 mini、X10 mini pro)は、
2010年 第4四半期に、Android 2.1へのバージョンアップを提供するということを、
ソニー・エリクソンが以前より宣言していましたが、
2010年06月17日、いくつかの地域については、その時期を2010年 第3四半期に前倒しするということを、
ソニー・エリクソンが発表しました。(しかも、プレスリリースで。)

さらに、これとは別に、Xperia X10については第4四半期にも、
TimescapeやMediascapeなどの改善、新機能の追加などが行われる予定だそうです。

http://www.sonyericsson.com/cws/corporate/press/pressreleases/pressreleasedetails/xperiax8pressreleasefinal-20100616 (20100616)

”いくつかの地域については”ということが気になるのですが、
NTTドコモも、どうかこれに合わせて、
Xperia(SO-01B)のAndroid2.1へのバージョンアップ提供の時期を早めてくれると良いですね・・・。

[参考サイト]

p.s.
それにしても、(日本国外で)今後発売されるXperia X8さえもが、Android1.6だというのは
どういう事なんでしょうか・・・。周りのAndroidスマートフォンはAndroid2.xだらけですよ。
さすがにこれはAndroid2.xだと思っていたので驚きです(^^;)

Xperia X10のAndroid2.1へのバージョンアップは2010年Q4らしい

2010年05月06日 14:49

Sony EricssonのXperia X10、Xperia X10 mini、X10 mini proですが、
Android2.1へのバージョンアップが提供されるのは、2010年のQ4(第4四半期)だそうです。
(DocomoのXperia(SO-01B)は、Xperia X10です。念のため。)

http://japanese.engadget.com/2010/05/05/xperia-x10-android-2-1-2010-q4/

遅っ!!?

遅すぎます・・・。
それに、そのころになったら、さらに新しいAndroid(OS)も出ている可能性が・・・。

先日、ソフトバンクから出た「HTC Desire」は最初からAndroid2.1なのに・・・。
(OSの面だけ考えれば)Xperiaボロ負けかもしれません・・・。

もう・・・TimeScapeとかMediascapeはどうでも良いので、
とりあえずAndroid2.1を提供しませんかね?

まさか・・・。
次のXperia(今夏or今秋に出ると噂されている)は、
Android2.1をウリにしたりしないですよね?(さすがにそれは無いですよね・・・。)

[追記:2010/05/14]
ほら・・・言わんこっちゃない。
もうすぐ、Android2.2が出ちゃいそうですよ・・・。

  • デザリング対応(Android端末を無線LANアクセスポイントにできる。)
  • 450%高速(Android2.1比)
  • Flash10.1対応
だそうです。
Android 2.2はテザリング対応、5倍高性能に - ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1005/14/news072.html


[追記]
あんまり関係ありませんが、
世界中で使用されているAndroidのバージョン分布を。
http://developer.android.com/resources/dashboard/platform-versions.html
2010年5月3日現在、Android 1.6は29.4%。Android 2.1は32.4%らしいですよ。


p.s.
そういや関係ないですが、先日、携帯対応のCGIを弄っていて、ふと、
スマートフォンはやはり携帯ブラウザ(iモードブラウザ)には対応できないんだろうなあ。ということを思いました。

だって認証をどうするの?っていう問題が。
特に、勝手サイトかつ会員制サイトなサービスでは、
セッション管理はiモードID。端末識別には、接続元IPアドレス/ユーザエージェント文字列を使っていると思いますが・・・

スマートフォンは、mopera Uなどの回線で接続するわけで、
接続元IPアドレスは、iモードのそれにはなりませんし・・・。(つまり、サービスによってはiモードと認識してもらえない)

・・・とここまで書いてて思いましたが、
利用者にiモードも契約させて、iモードブラウズ用のアプリケーションを用意して、
moperaU回線から、専用の経由サーバでも通して、iモード回線に接続させればいいのか・・・。

ふむぅ。だとすればやっぱり鎖国(っていうか囲い込み?)したいだけなんでしょうかね。

[注意]念のために書いておきますが、私はXperia欲しいんです。
(*゚∀゚)=3ハァハァです。(だが金がw という何時ものパターンです。)

[追記:2010/05/06]
幾つかの箇所について誤解されかねない表現を訂正しました。

Creative Commons License
Masanoriのマイペース。なブログ by Masanori is licensed under a Creative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本 License.

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。